There is ~で覚える英会話の基本例文

カフェに集う人々

このページでは、英語の基本例文であるThere is ~.の意味や用法、覚えておきたい定番の例文をまとめています。

基礎的な使い方を理解して重要例文を暗記。英会話力アップにお役立てください。

There is ~とは

「~があります」「~がいます」を伝える英語がThere is(are) ~.です。

英会話で特に使える表現としては、「~はありますか?」と聞きたいとき。

Is there a ○○(hotel・stationなど) ~ ? など、疑問文にすれば、「○○はありますか?」という意味になります。海外旅行でかなり使える実用性が高い英語です。

覚えておけば、旅先で道に迷ったときや、ホテル・駅を探すときに役立ちます。また、お店で何か探し物があるときにも使えます。

基本

There is(was) – There are(were)

否定

There is(was) not – There are(were) not

疑問

Is(was) there – Are(Were) there

例1)

There is a hotel in this area. (この近辺にホテルがあります)

There was a old tree near the city of Kyoto. (京都の近くに古い木がありました)

There is ~は主語が固有名詞やtheが付く主語には使いません

例えば、There is Mr.Tanaka here. (田中さんがここにいます)という言い方はしません。正解は、Mr.Tanaka is here. になります。

使えないもの

固有名詞:Tachikawa、Nagoya、Kyoto、

theが付く主語:the movie、the CDなど

例2)

There are seven in my family. (私の家は7人家族です)

There were three dogs in this room. (この部屋に犬が3匹いました)

例3)

Is there a bank near the station ? (駅の近くに銀行はありますか?)

Are there any museums in this city ? (この町に博物館はありますか?)

海外旅行で使う

There is no tissue in this room. (部屋にティッシュがありません)

ホテルに宿泊したとき、たまに部屋の備品(ティッシュなど)がない場合があります。すぐにフロントに電話をして、「○○がありません」と伝えましょう。

Are there any good restaurants around here ?(この周辺によいレストランはありますか?)

不慣れな土地の場合、現地の人におすすめのレストランを聞くと、正解率が高まります。

まとめ

「~があります」を英語で言いたいときに使いたいのがThere is(are) ~.という表現。

肯定文だけでなく、疑問文とセットで覚えておくと、実際の英会話で使い勝手がアップします。特にIs there a ○○(hotel・stationなど) ~ ? の表現は、ぜひ覚えておきましょう。

英語のbe動詞を分かりやすく解説。意味と使い方をここで習得!

あわせて読みたい

英会話の基本表現を分かりやすく覚えたい初心者におすすめの教材

初心者が安心して通える英会話スクール【厳選ベスト3】

英会話初心者が最速で「英語が話せた!」が実感できるパターン学習のすすめ

シェアする

フォローする