英会話初心者がTOEICを勉強する意味&メリット

勉強中

近年、仕事など大人の事情で注目が集まるTOEIC。

必要なスコア取得することで、英語ができるようになるだけでなく、社内で評価されたり、転職で有利になったり、様々な+αのメリットがあります。

はじめに

TOEICというと、このようなビジネス的な意味が強いように思われますが、実は、TOEICを勉強することは、日常英会話を学ぶ意味においても、大きなメリットがあります。

というのは、TOEICはそもそも、ビジネス英語である以前に、日常の英語運用力を試されている試験でもあるからです。

そのため、TOEICを勉強すること=英会話力アップ。仕事だけでなく、英語を話せるようになるためにも、意味がある試験なのです。

初心者がTOEICを勉強する意味

日常的な英会話に加えて、TOEICでは上級になればなるほど、ビジネス英語といった、実用的な英語力も身につけることができます。

ただ、実際の試験を受けてスコアを気にするのは、初心者の方にとって、メリットはありません。

なので、受験するしないに関わらず、自分の英語力をアップさせるという意味で、TOEIC対策の勉強をしていくことに、実用的なメリットがあります。

TOEICの勉強で身につくこと

・リスニング力

・日常英会話力

・ビジネス向けの英語力

・根本的な英語力(英文法の知識をはじめ、大量の英文を読んで内容を理解する力など)

TOEICで英語の土台を身につける

英語を話せるようになりたい。単純に、英語力をアップしていつかどこかで役立てたい。

そんなときは、日常英会話教材で、英語のフレーズを覚えたり、英文法のやり直しをすると同時に、TOEICの教材を勉強することも大切です。

特に、初級から始めていくことで、基礎のやり直しはもちろん、英語力の底上げが期待できます。

特に、リスニング力。そしてリーディング&文法。

TOEIC向けの教材でしっかり勉強すれば、文字通りそれが英語力の土台になります。英会話の習得にも大きく役立ちます。

おすすめ勉強法

初心者の方がTOEICを学ぶ上において大切なステップ・バイ・ステップ。

無理なく、自分のペースで続けていくことです。そのために大切なのが、土台をしっかり固めていくこと。

具体的には、単語や文法、構文といった、まず英語の知識面を重視して勉強していくことです。

教材に関しては、市販のテキストならともかく自分が読んで理解できるもの。特に、解説が詳しいものを選ぶことが大切です。

ただ、体系的に必要な英語力を修得していくことが難しいので、初心者の方は、TOEIC専門の通信講座等の方が取り組みでしょう。

アルクのTOEIC対策通信講座まとめ。目標スコア別に解説

最後に

英会話を習得する。

そのためには、英語のフレーズを覚えることも大切ですが、いつでもどこでも英語が話せる力を身につける。

そのためにはやはり、英語の土台が必要です。土台を身につける意味で、TOEICを勉強することは実は、意味があります。

「英語が話せるようになりたい」

そんな初心者の方は、英会話教材を買って勉強することはもちろん意味がありますが、さらにもっと本格的に英語力を身につけていきたい。

その場合はおすすめなのはTOEIC。

英語の知識を身につける意味では最高のトライアルになります。初心者の方は、目標スコアを設定して、勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

若葉マーク 無理なく続くTOEIC対策おすすめ英語教材

あわせて読みたい

TOEIC200点アップは当たり前?英語パーソナルジムに注目する5つの理由

TOEIC300点台の方におすすめの英語学習の手順と知っておきたいこと

TOEICは転職で役に立つ?