I don’t get it. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.128】

分かりまへん

I don’t get it.

分からないな。(どういうこと?)

分からないことをハッキリと分からないという。

これは別に恥ずかしいことではないし、「知ったかぶり」よりは全然良いことである。

「分かりません」というと、「自分がモノを知らない人間」かのような恥を覚えるかもしれないが、別にそれは恥ではない。

分からないことを分からないと認める。それは勇気があることだし、素直に自分の無知を認めるからこそ、知らなかったことを知って、成長していくことができる。

人は何歳になっても知らないことは必ずある。知らないことを認めることは、別に恥ずかしくもなんともない。

むしろ恥じるべきは、知らないことをそのままにしておき、知ろうする意欲を持たないことである。

知ったかぶりして、自分を偽るほうが、ずっと自分に不誠実である。

だから、知らないことそれ自体は、何も恥じることはない。分からないことは「分かりません」と言えばいい。分からないことを一つでも減らしていけばいい。

それこそが、「成長する」ということなのだから。

元ネタ

日常英語フレーズから。

ストック!英単語

get = 理解する、のみ込む

こちらもどうぞ

That’s bullshit!

そんなのデタラメだろう!

<<No.127へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.101~150】へ | No.129へ>>

若葉マーク 「今年こそ英語!」と思ったらこの英会話教材に注目

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集②【日常で使う英語フレーズ】