Never tell me the odds. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.129】

俺は勝つ!

Never tell me the odds.

確率なんて関係ないさ。

行動したかしなかったか。

たったそれだけのことで、人生の結果はガラリと変わる。

失敗することを恐れて何一つしなかった。

そういう人生は、失敗の苦悩苦しみを避けることができるかわりに、最高にワクワクするエキサイティングなことは何一つ味わえない。

そして将来、

「あれをすれば良かった」

「これをしておけば良かった」

と後悔すること間違いなしだ。

人生、行動したからといって、自分の思い通りの結果が手に入るとは限らない。むしろ実際は、行動しても失敗してしまうことの方が多いかもしれない。

しかし、実際に行動を起こした、ということに価値がある。そして、失敗を重ねれば重ねるほど、そこから得られる学びも大きい。

だから人生、思い通りにいかなかったとしても、「俺は自分の人生を生きたんだ!」という実感を持つことができる。

人生、満足することができるし、「想定外」の思いもよらぬ報酬を得ることができる。

つまるところ、したいことがあるならまずやってみればいい。やるかやらないか。たったそれだけのことだけど、未来は段違いに違う。

まぁともかく、行動してみることだ。

元ネタ

映画『スターウォーズ』の登場人物、ハン・ソロの名言から。

日本でも人気が高い俳優、ハリソン・フォードが演じるスター・ウォーズのタフガイ、ハン・ソロ。

彼自身にフォース力はありませんが、彼の命知らずな行動が、幾度となく、フォースの後継者の命を救います。

ストック!英単語

odds = 見込み、可能性

こちらもどうぞ

You must unlearn what you have learned.

思い込みを捨てなさい。

<<No.128へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.101~150】へ | No.130へ>>

若葉マーク これだけは試したいおすすめ英会話教材と言えば

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】