See you in hell. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.193】

シェアする

あばよ

See you in hell.

地獄で会おう。(あばよ。)

「さよなら」をかっこよく言いたいときにおすすめの英語がこちら。

腐れ縁、気心の知れた相手には、スパイスの聞いた台詞で「じゃあな」と言うのも面白い。冗談の通じる相手、凝ったフレーズが好きな人なら、笑って理解してもらえるはずだ。

この意味で、このフレーズはまさにぴったり。豪快に一発かますにはぴったりのセリフになるだろう。

ポイントは、ニヤッと笑顔で、口角を上げて口に出すこと。よりフレーズの印象が残ること、間違いなしだ。

元ネタ

映画「クロスロード」(1986年)、悪魔の助手の台詞から。

決め台詞としては非常に印象的かつ効果的。「あばよ」をちょいワル風に決めたければ、この英語の出番です。日常で使う機会はないかもしれませんが、気心の知れた相手には、笑いながら「See you in hell!」と言えるかも。

ちなみにアーノルド・シュワルツェネッガー主演の某マッチョムービーでは「Hasta la vista, baby」(地獄で会おうぜベイビー)という名言がありますが、通じる人には分かってもらえます(多分)。

豆知識!「クロスロード伝説」について

「神的なギターの腕前を手に入れるために十字路(クロスロード)で悪魔に魂を売った」

これが有名なクロスロード伝説です。

ブルースの世界ではロバート・ジョンソンという伝説的なプレイヤーがいました。「その神的なテクニックは、実はクロスロードで悪魔に魂を売って手に入れたもの」という伝説です。

映画「クロスロード」でもその伝説をもとに物語が進んでいきます。

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集⑥【感情を伝える英語フレーズ】

That’s what I thought.

<<No.192へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.194へ>>