Speak of the devil. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.156】

鏡の向こう

Speak(Talk) of the devil.

うわさをすれば、だね。

「人の噂も75日」というが、人が集まるところ、誰かが誰かの話をしている。

時には間が悪いことがあって、うわさ話をしていると、そのうわさ話をされている張本人が登場することがある。

その場の空気が固まってしまう、本当に気まずい瞬間だ。

元ネタ

“Speak of the devil, and he will(shall) appear.”(悪魔の話をすると悪魔が現れる)という西洋の言い伝えから。

補足

この英語は、西洋独特の悪魔信仰からきていると言われます。

西洋においては、悪魔(devil)の名前を呪文で呼ぶと、その悪魔が姿を現すと信じられていたそうです。

悪魔祓いのホラー映画『ザ・ライト – エクソシストの真実』でも、エクソシストの神父が、人に取り憑いている悪魔に、「汝名を名乗れ!」と繰り返し叫ぶシーンがあります。

悪魔の名を呼ぶと悪魔が現れる。面白い考え方です。

こちらもどうぞ

Just keep going.

前進あるのみ。

<<No.155へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.157へ>>

若葉マーク 忙しい人に人気上昇中。ビジネス英会話が学べるお役立ち英語教材