Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.100】

シェアする

花を渡す子ども

Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow.

過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望を持つのだ。

つまり過去から学び前進すれば未来はもっと良くなる話

私たち人間が生きていくために必要なのは食べ物や家だけではない。それ以上に必要なのが明日へ希望である。

今日は最悪で、生きていくのも精一杯。

それでも明日はきっと良くなる。今よりもっと良くなる。そんな希望こそ、未来を生きていくための道を照らす光となる。

そして希望を胸に道を進んで行けば、最善を尽くして生きていくことができる。忍耐強く、人生を生きていくことができる。

そう、明日への期待があるかぎり、私たちはどんなときも生きていける。希望こそが、人生を救う生命線なのだ。

明日はもっと良くなる。今よりもっと、素晴らしくなる。未来に対して、希望を持とう。

ストック!英単語

hope = 希望

tomorrow = 明日

元ネタ

理論物理学者アインシュタインの名言より。

「一般相対性理論」「特殊相対性理論」で知られる天才科学者が残したこの言葉は、シンプルながらとても示唆に富んでいます。

過去から学び今を生きる。そして未来を切り開いていく。とても素晴らしい言葉です。

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

Now or never!

<<No.99へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.101へ>>