What’s the deal? – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.168】

大丈夫だよ

What’s the deal?

どうしたの?

大切なことは、小さなことから。

「智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」

人間関係は作るのも大変だし、そして作った関係を維持していくのも大変だ。

顔見知り程度の気軽な人間関係ならそれはいつでもどこでも作ることができるが、継続的かつ意味がある人間関係を築くなら、そこには日々の細かいケアが必要不可欠だ。

人間関係は手を抜くとすぐにダメになる。

だから日々大切に、育てて、維持していく必要がある。そのためには、「私はあなたのことを、つねに気にかけていますよ」ということをきちんと伝えることが肝心である。

それはとても微妙なことかもしれない。一見、大した意味がないことのように思えるかもしれない。しかしそんな小さな心配りが、人の気持ちをつかむのである。

元ネタ

アメリカの日常英会話フレーズから。

この場合のdealは、「取引/契約」の意味ではなく、「問題/状況」という意味のdealです。なので、What’s the deal? は現在の状況をたずねる意味の英語になります。

ついでにこちらの英語もストック!

What’s the deal?とあわせて覚えておくと英語の表現力が広がるのがこちらです。ストックして、更に英語で言いたいことを言うためのチョイスを増やしましょう。

What’s the matter?=どうした?

What’s wrong?=どうかした?

Is everything okay?=大丈夫?

あわせて読みたい

Way to go.

<<No.167へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.169へ>>