If you feel pity for me, gimme money! – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.169】

シェアする

クレクレちゃん

If you feel pity for me, gimme money!

同情するなら金をくれ!

花より団子、そして夢より

世の中、綺麗事は大事である。現実ばかり語っていても、それはそれで味気ないし、希望が持てない。

だからといって、現実を完全におろそかにしても良くない。綺麗事を言うためには、その綺麗事を言えるだけの現実的な土台が必要だ。

いつも綺麗なことばかり言っている人に限って、その裏側を見てみると、案外えげつない現実が見つかる事が少なくない。

この意味で、耳障りがいいことを聞いたときはぜひ、「なぜこの人はこんな綺麗なことばかり言うんだろう」と想像力を働かしてみてほしい。

それが、綺麗な言葉の裏側にある現実を見るための第一歩である。そしてあなたが誰かに騙されないための大切な知恵になるだろう。

元ネタ

安達祐実主演、「家なき子」(1994年)の名言から。

えげつない話が話題になった日本の名ドラマです。主題歌の「空と君のあいだに」は、ドラマに登場する犬の視点で書かれた歌詞という話で、更に涙を誘います。

ちなみにgimmeはスラング。give meという意味です。同情する= sorry for か pitty for です。あわせて覚えておくと英語の語彙力がアップします。

若葉マーク 【完全保存版】英会話教材選びに迷ったらチェックするページ

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

スランプのときこそ口ずさみたいやる気のでる英語名言集【偉人編】

Let me think about it.

<<No.168へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.170へ>>