Way to go. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.166】

シェアする

おめでとう!

Way to go.

いいぞ。(よくやった。)

Good Job!とあわせて覚えると吉。

もしあなたの身近な誰か、例えば友人や知人、仕事仲間。

彼らが何か上手くやったときは、ぜひ素直な気持ちでポジティブな言葉をかけてあげよう。

例えば「おめでとう」とか「すごいね」とか、「さすが」とか「最高!」とか、つまりは言われて嬉しいやる気が出る、その人を認める言葉である。

一方で注意したいのは他人下げの言葉である。

ネチネチあらを探したり、ああだこうだと他人を批判する。自らの口で他人を批判する言葉を口にするのは長い人生において致命的な影響を受ける。

なぜならそれは最終的にその言葉を吐いた人に戻ってくるからである。

ということで悪い言葉は人だけでなく自分を殺す。良い言葉は人だけでなく自分も生かす。だからこそ、良い言葉はどんどん使いたい。言葉を使いこなすのは、人だけの特権なのだから。

元ネタ

英語の日常表現より。「頑張って、いいね」というニュアンスの英語です。

直訳だと意味が分かりにくいかもしれませんが、Good for you. や Good job. と同じように、人をねぎらったり、ほめるときに使う英語です。

ほめ言葉は人とのコミュニケーションを円滑にする上で欠かせない英語。タイミングを見定めで、サラッと使ってみたいものです。

若葉マーク 【完全保存版】初心者の方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集⑦【英語の決まり文句】

What’s the deal?

<<No.165へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.167へ>>