Everyone does it. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.125】

ボクが悪かったです!

Everyone does it.

みんなしてるよ。(=他の人もしてるよ。)

この言葉は乱用注意!

何か間違いをしてしまったときは、「みんな」という言葉は言い訳するのにとても便利な言葉だと思う。

「みんなやっているから」と言えば、なんとなく「自分は悪くない」という気持ちにさせてくれる。でも結局「みんな」なんてないし、「みんな」を言い訳にしていると、そのうち誰からも信頼されなくなる。

だから、言い訳なんてする必要はない。失敗したら失敗したとき、「みんなやっているし」なんて言葉一切いらない。

直球ストレートであやまりを認めれば、その方が潔くていい。つまりは「すいませんでした!」と一言言えればそれでいい。その言葉が口から出るうちはまだ、人間的に大丈夫だから。

ストック!英単語

everyone = みんな

元ネタ

日本人にとって、「みんなしてる」はまさに金科玉条。大きな力がある言葉ですが、果たして海外はどうなのか?

アメリカとかでは全く通じなさそうなイメージがありますが、やはりアメリカもアメリカで、他の人がしていることには安心感を持つ模様。

人気商品など、日本と同じような流行の仕方はしないかもしれませんが、売れるものはみんなが選んでいるもの。そう考えれば「みんなしている」という言葉は、人間の深層心理を理解した、すごい言葉なのかもしれません。

ついでにこちらの英語もストック!

Everyone does it.とあわせて覚えておくと英語の表現力が広がるのがこちらです。ストックして、更に英語で言いたいことを言うためのチョイスを増やしましょう。

How about you?=あなたは?

What’s your choice?=どれにする?

What do you wanna do?=(あなたは)どうするの?

あわせて読みたい

Read between the lines.

<<No.124へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.101~150】へ | No.126へ>>