Don’t bother me. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.192】

ウィズ・ザ・ビートルズ

Don’t bother me.

ぼくを困らせないでくれ。

「お酒が飲めないのにお酒を強要してくれる・・・」

「10分置きにLINEが来きて、放置してると返信の催促が・・・」

「夜中、突然会いたくなったと家に来る・・・」

あなたの周りにはこんな自分の気持ち最優先の人がいないだろうか?

空気読めない、相手の都合を考えない人にはストレートに伝えるのが欧米流。日本人のように「角が立つ」ことを考える必要は不要。

こちらの英語で「I」視点のメッセージを伝えるのが英語のコミュニケーション。

「私を困らなせないで」とハッキリ言った方が、長い目で見てあなたのためにも、相手のためにもなるはずだ。

元ネタ

ビートルズ、ジョージ・ハリスン作曲「Don’t Bother Me」(『With the Beatles』収録)から。

補足

bother = 「悩ます、困らす」という意味です。

Don’t bother me.の場合、「うるさいな、邪魔しないで」というような「イラッ」としている感情を伝えますので、使い所は絞るのが吉。

Don’t bother.の場合は意味が変わる(=「その必要はありません」の意に)ので注意が必要です。

こちらもどうぞ

Let me tell you something.

一言いいか。(言いたいことがあるんだ。)

<<No.191へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.193へ>>

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば