Let me tell you something. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.190】

一言宜しいか

Let me tell you something.

一言いいか。(言いたいことがあるんだ。)

人生で誰かに誤解を招かない人になるためのコツは、

「言いたいこと、伝えたいことがあれば、それを言葉にしてストレートに伝える」という習慣を持つことである。

何か伝えたいことがあるときに、人の反応を気にして遠慮したり、相手が察して理解してくれることを期待してはいけない。

伝えたいことをハッキリ言葉にして明文化する。この習慣が大切だ。

そうすれば周りからは、「この人はハッキリ言うキャラだ」と認識されるので、今後はいちいち、奥歯に物がつまった言い方をしなくてもよくなる。

そうすればストレスは激減する。

言いたいことを言う。思ったことをストレートに言える。そんなキャラは、最高に気持ちいいことを、実感できるだろう。

元ネタ

英会話でよく使われるフレーズから。

補足

Let me ~ は「私に~させて」という意味になります。なので、ニュアンス的には「一言言わせてもらうよ」的なニュアンスになります。

もう少し柔らかい表現を使うなら Can I tell you something?の方がベターです。

こちらもどうぞ

Don’t bother me.

困らせないでくれ。

<<No.189へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.191へ>>

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば