Hope is like the sun. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.210】

希望を見つめる女性

Hope is like the sun.

希望は太陽のようなものさ。

今見える光を追う。

人生では、自身がこれから進んでいく道の行く末を、100%見通すことはできない。道の先、遠くを見渡しても、それはぼんやりとして、ハッキリ見ることはできない。

しかし、ほんのちょっと先さえ見えていれば、それで十分だ。

ただ今は、先に見える光を頼りに、前へ進んでいけばいい。かすかに見える光をたどってボチボチと進んでいく。見える道まで進んでいけば、そこから更に先が見える。

こうして人生は、5年10年と過ぎていき、自分がいるべき場所へと導いてくれる。

だからこの先すべてを見通す必要はない。今はかすかに見える光を追っていこう。そこまで進むことができるなら、今はそれでOKである。

メモ

cast =投げる、投じる

burden = 荷物、重荷

元ネタ

『自助論』でお馴染み、サミュエル・スマイルズの名言です。

Hope is like the sun, which, as we journey toward it, casts the shadow
of our burden behind us.

希望は太陽のようなもの。それに向かって旅をして、私たちが背負う重荷の陰を、私たちの後ろに作る。

本当に素晴らしい言葉です。

若葉マーク 「今年こそ英語を頑張りたい!」という方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

You should take a chance, got nothing to lose.

<<No.209へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.201~250】へ | No.211へ>>