No profit grows where is no pleasure ta’en. – 英会話で使いたい100の決め台詞【No.84】

楽しみながら学ぶ女の子

No profit grows where is no pleasure ta’en.

楽しみがなければ何事も身につかない。

「石の上にも三年」ということわざがある。

「大変なことも我慢していれば、やがて報われる」という考え方だが、それが意味をなすためには、好きなこと、やっていて楽しい経験ができることが条件だ。

我々は修行僧ではない。

していて苦痛しかないことは、そもそもやる気にならないし、無理をして頑張ったとしても、実際のところは、あまり報いがないものだ。

だからこそ何に対して「石の上にも三年」するのか、そこだけは間違えないようにしたい。

我慢して三年頑張った挙句、何も役に立たなかったら最悪だが、実際にはそういうことは結構多い。

だから辛くて厳しいだけの「石の上にも三年」はNG。無意味に3年我慢するかわり、もっと楽しくてワクワクすることを始めよう。

長い人生、その方が絶対メリットがある。そして何より毎日がワクワク幸せに過ごすことができる。

ということで、「石の上にも三年」という言葉を聞いたときは、無条件にそれを受け入れてはいけない。

あなたにとってそれが「意味ある三年」になるかどうか。好きでワクワクするかどうか。それを真剣に考えてみよう。

元ネタ

シェイクスピア、『じゃじゃ馬ならし』より。

ストック!英単語

ta’en = taken

profit = 利益

pleasure = 喜び

こちらもどうぞ

Well done is better than well said.

口で言うより行動せよ。

<<No.83へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.85へ>>

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材