You are meant for me. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.233】

運命の赤い糸

You are meant for me.

あなたは私の運命の人。

「運命の人」という言葉は、そうやすやすとは使えないほど貴重だ。

しかしときに人生、「この人は自分の運命の人なのかもしれない」と思うほど、ロマンティックな出会いがある。

そんな出会いが与えられたときは素直に、そのロマンチックな気持ちを言葉にしたい。

そう何度も乱用すると言葉の信頼性がゼロになるが、使うタイミングが完璧なら、きっとその場に相応しい言葉になるだろう。

決め台詞は使うタイミングが重要。「ここぞ!」という場面、感情を込めすぎず、サラッと口にするのがいいのかもしれない。

そう、伝えるべき気持ちは、きちんとした言葉で。「ここぞ!」というとき、「ここぞ!」というカタチで、素直に伝えよう。

元ネタ

アメリカのシンガー・ソングライター、ジュエルの名曲タイトル「You Were Meant For Me」から。

メモ

meant for ~ = ~のために生まれてきた

こちらもどうぞ

You have lost.

お前の負けだ。

<<No.232へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.201~250】へ | No.234へ>>

若葉マーク 今から英語を頑張るならこちら。評価が高い人気英会話教材まとめ