Show me the right way to go. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.242】

ちょっと一休み

Show me the right way to go.

行くべき正しい道を示しておくれ。

人生一寸先は闇。

ときに、全く先が見えない、「どん詰まり」のような状態に陥ってしまうときがある。

夢破れ道を失ったとき。将来を考えた相手とまさかの破局を迎えてしまったとき。

「この道へ進むんだ!」

と思っていた道自体が消えてしまい、どうすればいいのか分からなくなってしまう、そんな状態。

そういうときは自分の意志だけではどうしようもならない。時間に癒やされるのを、じっと待つほかない。

待っていれば、やがて気持ちも状況も変わり、

「こっちの方へ進もうか」

という道が見えてくる。

そのときになって初めて、また前へ進み出せばいい。

動けないときに進むべき道などない。自分を信じて、じっと待てばいいのだ。

必ず時はやって来るのだから。

元ネタ

英国出身のバンド、コールドプレイの名曲「Spies」の一節から。

メモ

right way to go = 進むべき正しい道

こちらもどうぞ

It’s not my fault.

俺のせいじゃない。

<<No.241へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.201~250】へ | No.243へ>>

若葉マーク 今から英語を頑張るならこちら。評価が高い人気英会話教材まとめ