I know what you want. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.287】

私には分かっているんですよ

I know what you want.

これが欲しいんだろ(君の欲しいもの、分かってるよ)。

ビジネスで、よく「顧客のニーズを満たす」ことの大切さが主張される。客が何を期待していて、何をどうして欲しいのか、何を手に入れたいと思っているのか。

そのことを理解することが大切という話だが、このニーズの話については、人間関係についても適用できる話だと思う。

一般的に、ずっと続くような良い人間関係は相互補完的な関係であること多い。逆に、片方だけが得をしてもう片方が損をする、そういう関係は長くは続かない。

与え、与えられる、そういう関係がある付き合いは、互いが互いを必要としているので、安定的、良い関係でいられる。

相手が何を欲しがっているか、どうして欲しいのか、そのニーズを理解することは、良い人間関係を築く上でも、大切なことだと思う。

元ネタ

映画『恋愛小説家』、サイモンのセリフより。

ジャック・ニコルソン演じるひねくれ者の恋愛小説家が自分の気持ちを伝えて最後にはめでたしめでたしになる名作ラブ・ストーリーがこちら。

気持ちを素直に伝えることって、案外難しいことですよね。

こちらもどうぞ

We become what we think about.

我らは自分が考えたとおりの人間になるのだ。

<<No.286へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.288へ>>

若葉マーク 特集!初心者が失敗しない定番の英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

超かんたん!映画で英会話を勉強する方法

愛を伝える英語の決め台詞まとめ