Tell me everything. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.249】

正直になりなさい。

Tell me everything.

全て話すんだ。

人生でバカを見ないための鉄則の一つ。

それが「嘘も方便」。つまり正直が必ずしも最良の策ではない、ということだ。

自分が正しいと信じることを声に出して堂々と主張する。その正直で真っ直ぐなあり方は人として正しいかもしれない。

しかし、黒を黒、白を白と言ったあまりに冷や飯を食わされる。世の中にはそんな理不尽な現実がある。

正義を語ろうとするときに大切なのは、それをきちんと聞いてくれる人たちを増やすことである。

真実を捻じ曲げようとする連中よりも、真実を大切にしたい。正義を実現したい。そんな仲間の数を増やしていくことである。

そうすれば最後には、物事は正しい道に回帰していく。

この意味で、必ずしも毎度毎度、正しいことを正しいと主張することが、最善の方法であるとは限らない。

必要に応じてあえて真実を指摘しない。そんな柔軟性を持ち合わせたい。

でも、本当に正しいことを正しいと言える。それが認められる世の中であれば、もっと世の中は良くなるに違いない。

元ネタ

日常会話の表現より。

こちらもどうぞ

Without trust, there is no love.

信頼なくして愛はない。

<<No.248へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.201~250】へ | No.250へ>>

若葉マーク 今から英語を頑張るならこちら。評価が高い人気英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

すぐに使える英会話例文集⑤【自分の考えを伝える英語フレーズ】