Nobody’s perfect. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.279】

君は君で、いいんだよ。

Nobody’s perfect.

完璧な人なんていないさ。

人生ときに、「ガツーン」と来るような衝撃的な出会いが突然やってくる。

それは春の夜に突如吹き荒れる嵐のようなもので、一瞬にして理性を失ってしまうような、強烈的な体験だ。

しかし、このときが、実は人生でとても危険な時期なのだ。

理性を失い情熱が高まっているとき、人は自分の中のファンタジーを出会った相手に投影する。

「この人はこういう人に違いない!」

と頭の中でイメージを膨らませ、自分が頭の中で作り上げた幻想に酔ってしまう。

それはつまり、現実を見ているようで、全く現実を見ていない状態のこと。自分が「こうだ」と思い込んだイメージを、相手に投影しているだけ。

現実とはまるで違う。

だからこそ、幻想から抜け切れずにいると、現実を知ることになったとき、泡を吹くことになるだろう。

現実を知って後悔しないよう、どんなときも、幻想と現実の区別をつけたいものだ。確固たる意志を持って。

元ネタ

吉川晃司の歌のタイトルより。

こちらもどうぞ

Nice shoes.

いい靴ですね。

<<No.278へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.280へ>>

若葉マーク 初心者が失敗しない定番の英会話教材といえば