The end justifies the means. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.1】

シェアする

やったぜ

The end justifies the means.

目的の達成は手段を正当化する。

「結果を出す」という最強の正義

努力とはとても尊い行為である。

最善を尽くし努力すること。人として誠実に真っ直ぐに生きていくこと。それこそが賞賛され、賛美されるべき、人の美しい姿である。

ところが実際問題、社会で問われるのは努力よりも結果だ。残念ながら、どれだけ努力しようとも、結果を出せない者が社会で勝者になることはできない。

この意味で、結果を出すためにあらゆる手を打つことは正しい。目的を達するための手段がどのような方法であれ、結果さえ出すことができたなら、それなりの顔ができるのだ。

つまるところ、キレイなやり方、ストレートな方法で目的が解決できればいいのだが、正しいと思える方法が本当に正しいとは限らない。

だからこそ、時には「手段を選ばず結果を出す」という選択も必要である。もっと率直に言えば、「結果を出すために半分魂を売ってもいい」くらいでちょうどいいのかもしれない。

ただし魂の半分はキープしておく。人として完全に間違わないために。

ストック!英単語

justify = ~を正当化する

means = 方法、手段

元ネタ

「国が危機に瀕した時、政治家は国家存続の目的のためならば、手段を選ぶべきではない」 (マキャベリ『君主論』より)という、有名な言葉より。

目的のためには手段を選ばない「マキャヴェリズム」の考え方で、一般的にはあまり良い印象を持たれない言葉なのかもしれません。

ただ実際問題、自分がどうしても為すべき事があったとき、どうやってそれを達成すべきなのか?どれくらいの犠牲を払うべきなのか?

その点を考え、現実的にできることならどんなことでもやっていく。そんな非常さが求められる場合もあります。

特に人の上に立つ人ならなおさら。「悪行」と非難されるとしても、為すべき事を為さねばならぬときがやって来るかもしれません。

若葉マーク 英語を話せるようになりたい初心者向け教材【優しい・かんたん】

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

Losers are always in the wrong.

<<英会話で使いたい決め台詞【No.1~50】へ | No.2へ>>