On what grounds? – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.291】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


On what grounds?
根拠は?

疑う男

人の言うことを素直に聞く。

聞いたことを信じる。それはとても大切なことかもしれないが、ときにその素直さが原因で失敗してしまうことがある。

世の中には嘘が溢れていて、何でもかんでも、無遠慮に信じていると、痛い目にあってしまう。

嘘を嘘と見抜き、何が本当でそうでないかを見ぬくための秘訣は、常に頭の中で、「根拠は何だ?」とこっそり疑うことだ。

ある人はこういう。ではそう言っている根拠は何なのか。それを自分で考えると、「なるほど、この人はだからこういうことを言うのか」ということが分かる。

表立って人の言動を疑うことは失礼だし、友だちを失くすのでやめた方がいいが、「こっそり」と疑い根拠を求める習慣を持つことは、とても大切なことだと思う。

元ネタ
ディベートで役立つ英語のフレーズより。

こちらもどうぞ
No pain, no gain.
痛みなくして得るものなし。

<<No.290へ | 英語の決め台詞 part6へ | No.292へ>>

英語を頑張っている人に評価されている人気英会話教材まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする