A joyful evening may follow a sorrowful morning. – 英会話で使いたい100の決め台詞【No.51】

遠くの先を見つめて

A joyful evening may follow a sorrowful morning.

人生万事塞翁が馬。

個人的な経験だが、人生本当に何が自分のためになって、何が自分のためにならないか、それは本当に分からない。

例えば、自分が「もうこれをしたのは完全に失敗だった!やらなければよかった!」と後悔してしまうような人生の黒歴史が、なんとその後の人生で大きな幸運に変わった。

逆に、「自分の人生では絶対にこれを手に入れることが必要だ。だから何としても手に入れよう!」という強い気持ちを持って手に入れたことが不運の始まり。

その後の大失敗につながっていくこともあった。

このように、人生は本当に塞翁が馬。幸運は悪運へ、そして悪運は幸運へやすやすと変わる。だから、何が良くて何が悪いか、その判断を軽率に下すことはできない。

だから大切なのは、起こった出来事に対して「良い」「悪い」の判断をしないことなのかもしれない。

起こったことは起こったこと。それをそのまま、ニュートラルに受け止める。それこそが一番大切なこと。

そのことを強く思う。

元ネタ

中国のことわざから。

ストック!英単語

sorrowful = 憂いを帯びた

こちらもどうぞ

After a storm comes a calm.

雨降って地固まる。

<<No.50へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.52へ>>

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材