(I’ve)Never heard of it. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.181】

ボク、それ知らないんですよ

(I’ve)Never heard of it.

聞いたこと、ないなぁ。

単純に言って、素直さは美徳である。

分からないことを素直に分からないと言える。そういう人は実にいろいろ、得をする。なぜなら人は皆、教えたがりだ。

「オレはこんなことを知っているぞ!」と自慢したいことを、素直に聞いてくれる人を求めている。

だから、「へぇ、それは知りませんでした!○○さんっていろいろ知ってるんですね!」という素直な態度でいれば、積極的に語ってくれる。

そして、「こいつは可愛げがあるやつだ」と、いろいろ世話をしてくれる。

逆に損をしてしまうのは、「ボクはそんなこと知ってますよ」的な態度が顔から出ているプライド高い系の人だ。

特に致命的なのは、周囲の人に、「ボクはなんでも知ってます」→「だからあなたの話を聞く必要はありません」的な態度を取ってしまうこと。

これは特に、目上の人にとってこの態度を取られると、それは宣戦布告されたようなもの。

1ミリも「助けてやろう」「教えてあげよう」という気持ちにはなれないだろう。それはとても損なことである。

ということで、世の中では謙虚に、そして素直に振る舞う方がいろいろ得である。

知らないことを人から聞いたら、素直に「知らなかったです!」と答えよう。そして目一杯、教えを乞おう。

それは恥ずかしいことでも何でもない。そう、素直さは最上の美徳なのだ。

元ネタ

日常会話英語から。

補足情報

A「○○のこと、聞いたことある?」

B「いや、聞いたことないなぁ」

このようなシュチエーションで使います。きちんという場合は、I haveをつけてI’ve never heard of it.でOKです。

こちらもどうぞ

Such as?

例えば?

<<No.180へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.151~200】へ | No.182へ>>

若葉マーク 初心者のための定番英会話教材といえば