Deeds, not words. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.64】

シェアする

行動的な女性

Deeds, not words.

言葉より行動。

この世界は行動する場所である。

あなたには、心から実現したい「何か」があるだろうか?

もし「イエス」なら、ぜひ知っておきたいことが一つある。それは人生、やったもの勝ち、という絶対的なルールである。

この世界でしたいことを現実で実現する。そのために何より必要なのは行動である。

ただ頭にしたいことを思い浮かべることは簡単だが、それだけでは何一つ実現しない。夢はいつまでも、夢のままである。つまり、したいことを考えるだけでは不十分なのである。

しかし、やりたいことを現実化するために実際に行動を起こしてみること。それによって、あなたの思いは、徐々に現実味を覚えてくる。

それは空論でも何でもない。あなたが行動を起こしたのち、行動によって思考が現実化していくその過程を、確認することができるだろう。

そう、人生はやったもの勝ち。

したいと思ったことは言葉ではなく行動で示すこと。たったそれだけで、色んな意味で充実した人生を送れるようになるだろう。

だからこそ「言葉より行動」なのである。

ストック!英単語

deed = 行為、行動

元ネタ

『インディー・ジョーンズ 若き日の大冒険 ~ロンドン編~』のエリザベス・ハーレー演じる美人活動家の台詞より。

ロンドンに滞在中の若きインディは、あるとき、女性の政治活動を声高に主張する団体の講演を目にし、そこで壇上に立つ美しい女性を発見。すぐに恋に落ちてしまいます。

若き2人は急速に接近、恋に落ちますが、女性はインディーとの恋よりも、自身の政治的活動を優先。2人は別れることになります。

彼女の大切にしている信条を表現しているのがDeeds, not words.

世の中で本当に何かを変えることができるのは、行動だけ。口だけの人ではなく行動の人になるために、覚えておきたい英語です。

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】

No work is easy.

<<No.63へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.65へ>>