Enough is as good as a feast. – 英会話で使いたい100の決め台詞【No.78】

人生満足!

Enough is as good as a feast.

足るを知る者は富む。

「足し算」の人生を歩み続けるのは不可能!

端的に言って、「もっと」を求める人生は刺激的だ。

今より「もっと」お金を稼ぐ。今より「もっと」たくさん人と出会って、素晴らしい恋愛をする。今より「もっと」すごい自分になって成功する。

つまり「もっと」を求める人生は、「足し算」思考の人生と言えるのかもしれない。

何か昨日よりも+になれば成功。右肩上がりにうまくいっているときは、人生は最高に楽しいだろう。

しかしあいにく、人生いつまでも右肩上がりにうまくいくことはない。なぜなら、人は引き算。老化や病気、いつかは引き算で人生を考えなければいけないときが来るからである。

若さはいつか必ず失われる。年齢を重ねれば体力が落ちて疲れやすくなるし、病気になりやすくもなる。だから「足し算」思考で人生を考えているといつか必ず限界がやって来る。

結局どこかの段階で、「もっと」を求めるよりも大切なことがあることに、気づくときがやって来る。

もしあなたがもう、これ以上頑張ることが難しいなら、「もっと」を求め続けてうんざりしてきているとしたら、今こそがそのときかもしれない。

そのときは、「もっと」何かを求めるのではなく、逆に何かを手放していく。つまり人生から何かを引いていく「引き算」思考を始めるのである。

するとどうなるか?私たちは「もっと」を求めなくても幸せになることができる。満足に生きることができる。そのことに気づくことができるのである。

ストック!英単語

feast= 饗宴、ごちそう

元ネタ

古代中国の思想家、老子の思想より。

「もっとお金を稼ぎたい」「もっと成功したい」「もっとモテたい」と、欲望を刺激されるのは「競争社会」という世の中の環境です。

だからこそ今持っているものに加えて何かを手に入れることが素晴らしいと考えることは自然なことですが、でもそれがライトアンサーなのか?

老子の思想を読み解けば、別のベクトルから人生を眺めることができます。

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

リアルで役立つ英語の処世訓。生きる知恵を学ぶ英語の決め台詞

After you.

<<No.77へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.79へ>>