Live as if you were to die tomorrow. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.86】

人生を楽しむ人々

Live as if you were to die tomorrow.

明日死ぬかのように生きよ。

私たちは普段、「時間が限りある大切なもの」であることを意識する瞬間があまりにも少なすぎる。

そしてその大切なその時間を、あまりにもムダに使いすぎている。

今日という日はもう二度とやってこない。明日も明日で、それはたった一度限りの一日である。

つまり生きている限り、一日たりとも、ムダにできる日なんてない。だからこそ声を大にしてこう言いたい。Live as if you were to die tomorrow.と。

今日を無駄にしていては、これからやって来る未来に満足できない。しかし「今日で自分の人生は終わってしまってしまうかもしれない」と考える。

だからこそ、今日を無駄にせず、一日一日、大切に生きていくことができる。そして、人生したいことをして、後悔しない人生を送ることができる。

人生の時間は限られている。決して明日も同じ日が続くと考えない方が間違いがない。この意味で、Live as if you were to die tomorrow.

この言葉は至言。常に頭に思い浮かべ、今日一日を生きていきたい。

元ネタ

ガンジーの名言より。

ストック!英単語

as if = ~のように

tomorrow = 明日

こちらもどうぞ

The human world is not an easy place to live.

兎角に人の世は住みにくい。

<<No.85へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.51~100】へ | No.87へ>>

若葉マーク これなら安心!初めての方におすすめの英会話教材

あわせて読みたい

英会話で使いたい英語の決め台詞について

やる気のでる英語名言集【偉人編】