Say what you wanna say. – 英会話で使いたい英語の決め台詞【No.283】

好きって言って!

Say what you wanna say.

言いたいことを言って。

言葉にせずに態度で伝え、それを相手に察してもらう。

人に何かを伝えたいとき、そういうやり方を選ぶ方が適切なこともあるのは確かだが、やはり、物事には言葉でハッキリ伝えた方がいいことがある。

言葉にすることは、それは宣言の一つだ。私はこうする、こう思う、それを明確に宣言することだ。

だからこそ、そこには意志と責任が感じられ、自分の真意をきちんと伝えることができる。「言葉が未来を作る」ということは、まさにこういうことである。

この意味で、言うべきことはきちんと言う。思ったことを胸に秘めず、ハッキリと言葉にする。

大切なことほど、誰かに察してもらうのを待っていてはいけない。きちんと言葉にして、それを宣言することが大切だ。

その結果には責任が持てないが、何も言わないままでいるよりはずっと、スッキリできるだろう。

元ネタ

イギリスのシンガーソングライターBirdyの3rdアルバム収録曲「Growing Pains」の歌詞より。

こちらもどうぞ

Only love can break your heart.

愛だけが人の心壊すのさ。

<<No.282へ | 英会話で使いたい決め台詞【No.251~300】へ | No.284へ>>

若葉マーク 特集!初心者が失敗しない定番の英会話教材