和製英語は間違いだらけ!話してもネイティブには通じない和製英語とは

うっそー!

OLやジーンズ、テイクアウトなど、私達日本人が普段何気なく使う英語のような和製英語(ジャパニーズイングリッシュ)。

和製英語とは、英語などの外来語をもとに作られた、日本独自の言葉です。主にカタカナで表記されています。最近では、英語をもとにした言葉がよく使われています。

サービス(service)、マンション(apartment<米>、flat<英>)、OL(オフィスレディ)、サラリーマン(salaried workers)など、私達日本人にとって身近な言葉が、和製英語として定着しています。

これらの和製英語は、あくまで日本でのみ通じる言葉。実際英語圏で和製英語を使うと、意味が通じないだけでなく、時にネイティブに誤解を与える場合も・・・。

テイクアウトは通じない?

日本でも、海外からの旅行者が増えています。

こうした影響からか、街のいたるところに、英語表記の案内が増えています。また、ショップウィンドウやパンフレット、あらゆるところで英語の文字が見られます。

ところが、和製英語の影響か、ネイティブから見ると、中には「?」なものも。例えば、飲食店でたまに見かける「take out」。

日本人は、普通に、「テイクアウトする」というように使いますが、take out とは、何かを取り出すという意味があり、海外では通じません。

アメリカではto go, イギリスでは take away と言えば通じます。

このように、和製英語は日本人にとっては身近な言葉です。自分では気付かないうちにファニーイングリッシュを話す可能性があります。

和製英語の間違い例
和製英語 正しい用法
NG no goodの意味。NGは通じない。
OL female office worker
ガードマン security guard
ゲームセンター video arcade
コインランドリー laundromat<米>・launderette<英>
ジーパン ジーパンはアメリカ軍兵士のパンツがもとの意味。jeans、またはdenimsが正解。
スキンシップ そのままでは通じない。physical contact が正解。
メルマガ email newsletter
モーニングコール wake-up call
ライブハウス rock bar
ラブコメ romantic comedy

サッと一例をまとめてみましたが、どれも日本人には身近な言葉。英語を話すとき、英会話をするときは和製英語に気をつけ、正しい英語を使いたいものです。

まとめ

私たち日本人がナチュラルに使う和製英語。

一見、ネイティブにも通じそうな英語に思いますが、実は全然意味が通じないものがたくさんあります。

ということで、和製英語を使うときは要注意。正しい用法を知り、正しく使うことが大切です。

あわせて読みたい

アメリカ英語とイギリス英語 今すぐ分かる3つの違い

これ英語でどう言う?言えそうで言えない英語まとめ

英語で覚える有名慣用句&ことわざ【厳選まとめ34個】

<<豆知識一覧へ

シェアする

フォローする