英単語のスペルが覚えられないならこの方法で

書く人

英単語のスペルを正しく書くことができるかどうかは、とても大切なことです。

ただ、英語のスペルは、日本人には覚えるのが難しく、正確にスペルを覚えるためには、きちんと勉強する必要があります。

暗記が苦手な私に効果があった英単語のスペル習得法

私も学生時代は暗記が苦手で、スペルを覚えるのが苦手でした。

学校の先生から、「英語の規則性を理解してスペルを覚えろ!」というアドバイスももらいましたが、私には向いていませんでした。

それでどうしたか?

紙を用意して、スペルが書けない単語1つにつき、10回、その単語を発音しながら、紙にスペルを書いていきました(練習法の詳細はこちら

私の場合、もとから暗記が苦手で、目で覚えるより、体を動かしたり口で発音した方が、覚えやすかったからです。

このシンプルな方法で英単語のスペルを覚えることで、「スペルが書けない・・・」という悩みはほとんど解決しました。

しかも、学生時代に覚えた英単語は、学校を卒業した今でも、自然と書くことができます。

体感覚で覚えたことは忘れにくい

勉強したことを何年も忘れずに覚えている理由は、手と口、体感覚を使って、英単語のスペルを覚えたからです。

英語だけでなく、暗記が必要な勉強全般で言えることですが、暗記が必要なものは、目や口、耳、体の感覚を使って覚えると、忘れ難くなります。

「英単語を覚えるときも、スペルを見て覚えようとするだけでなく、英単語を発音しながら紙にスペルを書いていく」

という具合に、目や手、耳、口、いろんな器官を使った方が、忘れ難くなります。

スペルを覚えるコツは、頭で覚えようとするのではなく、体(手)を使ってスペルを覚えることです。

理屈よりも体感で覚える

英単語の規則性は、理屈で理解しようとすると、なかなか難しいものがあります。

難しいものを理屈で理解するより、手や口、体を使って、何度も練習するほうが、自然に覚えることができます。

ポイントは、英単語のスペルを覚えるときは、きちんと紙に書いて覚えること、そして、書くときには発音をする。この2点です。

「英単語のスペルが覚えられない・・・。コツはない?」

というときは、1つの単語につき10回、何度も書いて発音して覚えていく方法がオススメ。スペルも忘れにくくなります。

若葉マーク「英語を頑張りたい」と思ったらチェックしたいベストセラー英会話教材

あわせて読みたい

英単語の覚え方のコツ

<<英会話学習 よくある悩み相談室へ