かんたん解説!英語の数字表記を分かりやすく復習

英語の数字

英語の数字をかんたんにやり直し!

このページでは、初心者が一からやり直したい英語の数字の読み方&表記を超シンプルに解説しています。

難しい話はおいておいて、まずは最低限。英語の数字をマスターしていきましょう。

基本数字(1~20)

1=one

2=two

3=three

4=four

5=five

6=six

7=seven

8=eight

9=nine

10=ten

11=eleven

12=twelve

13=thirteen

14=fourteen

15=fifteen

16=sixteen

17=seventeen

18=eighteen

19=nineteen

20=twenty

20以降の数字と組み合わせ

20~100まで、「大きい数字+小さい数字を組み合わせて表記する」とイメージすれば覚えやすいです。

21~29

20=twenty

21=20(大きい数字)+1(小さい数字)=twenty one

22=20+2=twenty two

23=20+3=twenty three

24=20+4=twenty four

25=20+5=twenty five

26=20+6=twenty six

27=20+7=twenty seven

28=20+8=twenty eight

29=20+9=twenty nine

31~39

30=thirty

31=30+1=thirty one

41~49

40=forty

41=40+1=forty one

51~59

50=fifty

51=50+1=fifty one

61~69

60=sixty

61=60+1=sixty one

71~79

70=seventy

71=70+1

81~89

80=eighty

81=80+1=eighty one

91~99

90=ninety

91=90+1=ninety one

twenty-fiveのようにハイフンをつける表記を習いますが、実際にはあまりハイフン表記を見ないので、ここでは割愛しています。

100以降の数字について

少し注意が必要なのが100以降の表記です。

基本的な考え方は大きい単位+数字ですが、100以降は次の例のように、数字と数字の間にandが入ります。

one hundred=100

例)110

100+10=one hundred(and)ten

例2)234

200+34=two hundred(and)thirty four

one thousand=1000

1000以降の数値も、基本的には大きい数字+小さい数字の組み合わせで表記することができます。

例)1001

→1000+1=one thousand(and)one

ただし次の例のように、「×」で考えるケースもあります。

1100~1900=11~19×100

例2)1100

11×1000=eleven hundred

例3)1582

15×100(1500)+82=fifteen hundred(and)eighty two

万の位以降

基本的には10×1000=1万、というように×で数字を表記していきます。

1万=ten thousand

10万=hundred thousand

100万=one million

1000万=ten million

1億=hundred million

10億=one billion

まとめ

以上、英語の数字についてわかりやすく簡潔にまとめました。

英語の数字で特に重要なのは1000までです。まずは1~100をしっかり覚える。その後、100~1000。

余裕ができたあとは1000~10000というように、ステップ・バイ・ステップで覚えていきましょう。

最小からすべてを覚えようとすると混乱してしまいますので、焦る必要はありません。一歩一歩、着実に覚えていきましょう。

初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

英会話初心者が真っ先に覚えたい超基礎英単語まとめ

英語パーソナルジムのすすめ

英会話初心者のための行動フローチャート【準備編】

<<超初心者のための中学英語やり直し講座に戻る