一般動詞の過去形 ポイントまとめ【中学英語やり直し14】

勉強しています

超初心者のための中学英語やり直し講座その14です。

このページでは動詞の過去形について、重要なポイントをだけを厳選して分かりやすく解説しています。

重要なポイントをシンプルに分かりやすくまとめました。やり直しの際は、まずここだけを確認しておきましょう。

【第13回】過去進行形はこちら

はじめに

まず最初に、「過去形とは何?」というところから確認しましょう。

過去形とは、過去のある時点(昨日など)のことを表すときに使います。かんたんに言えば、「~しました」「~でした」を話すときに使います。

一般動詞の過去形の作り方は?

一般動詞は、主語に動詞の形が変わることを以前復習しました。過去形になると、変化はより分かりやすくなります。それがこちらです。

動詞の原型(元の形)+ed

例)

I played tennis yesterday.(私は昨日テニスをしました。)

不規則に変化するものもありますが、基本的に動詞の過去形を作りたいときは、動詞の原型+edとなることを覚えておきましょう。

変化のルール

動詞によって、過去形の形が少し変わるものもあります。たくさんはありません。まずはこちらのパターンを覚えておきましょう。

動詞の原形+ed

一般動詞を過去形にする、基本的な形です。

例)play→played

eで終わる動詞にdをつける

最後がeで終わる動詞は、dをつけるだけでOKです。

例)like→liked

語尾が子音+yの動詞にはyをidに変えてedをつける

子音とはa,i,u,e,o以外のアルファベットのことです。動詞の最後がyで、その前が子音の場合、yをidに変えることで、過去形にすることができます。

例)study→studied

子音を重ねてedをつける

edをつけるのは基本形と同じですが、子音を重ねる場合もあります。

発音するとき、小さい「ッ」の発音が入るものが、このパターンになると覚えておくといいかもしれません。

例)drop(ドロプ)→dropped

不規則に変化するもの

動詞のなかには、過去形が不規則に変化するものがあります。不規則に変化するものはそう多くはないので、暗記して覚えます。

例)understand→understood

一般動詞の過去形の否定文

一般動詞の否定文を作るときは、do not(don’t)もしくはdoes not(doesn’t)を使いました。

doとdoesの使い分けが不安な方はこちらで再確認することができます。

一般動詞の過去形を作る場合は、doやdoesがシンプルになります。主語がIだろうがHeだろうが、否定文はdidを使います。

そして重要なのは、一般動詞の過去形の否定文を作るときは動詞が元の形に戻る、ということです。

例)

I played tennis yesterday.(私は昨日テニスをしました。)

→I didn’t play tennis yesterday.(私は昨日テニスをしませんでした。)

重要なルールなので、覚えておきましょう。

一般動詞の過去形の疑問文

疑問文を作る考え方は一般動詞のときと同じです。DoやDoesがDidに変わるだけです。

Do(Does)+主語+動詞の原形+?

こちらが現在のことをたずねる疑問文ですが、過去形にするとこうなります。

Did+主語+動詞の原形+?

答え方も、doやdoesがdidに変わるだけで、新しいことを覚える必要はありません。

例)

Did you meet Kazumi yesterday?(昨日カズミに会った?)

→Yes, I did.(はい、会いました。) / No, I didn’t.(いいえ、会っていません。)

Did she study English last night?(昨夜彼女は英語を勉強しましたか?)

→Yes, she did.(はい、しました。) / No, she didn’t.(いいえ、していません。)

過去形でよく使われる表現

過去形の文と一緒に使われる表現があります。覚えておくと便利です。

yesterday=昨日

last night=昨夜

last month=先月

last year=昨年

○(two, threeなどの数字) days ago=○日前

まとめ

以上が英語の一般動詞の過去形の基本ポイントになります。

このページで覚えておきたい重要ポイントは、

1・一般動詞の過去形は基本的にedをつける。ただし変化の仕方が変わる動詞もある。

2・否定文、疑問文はdidを使う。

この2つです。

文の構造的な部分は、一般動詞と同じです。「doやdoesがdidに変わるだけ」ということをイメージできれば大丈夫です。

少しづつ、慣れていきましょう。

→【第15回】未来形へ

あわせて読みたい

初心者向けおすすめ英会話教材まとめ10選

効果実感!オンラインで受講できる人気の英語パーソナルジム3選

日常英会話を習得するために覚えたい「必要最低限」の英文法は?

<<超初心者のための中学英語やり直し講座に戻る