英語のbe動詞を分かりやすく解説。意味と使い方をここで習得!

勉強中

超初心者のための中学英語やり直し講座その3です。

このページでは英語の基礎となるbe動詞について分かりやすく解説します。英語を勉強する上で大切な基礎知識となります。

完全に理解できるまで覚えておくことが大切です。

【第2回】英語の文の仕組みはこちら

be動詞とは

まずはじめにbe動詞とは一体何なのか?

簡単に解説するとbe動詞は、「A(主語)はBです」と言いたいときに使う英語です。

be動詞のもともとの形(原型)はbeですが、主語によってbe動詞が変化します。具体的には、こちらの3つに形が変わります。

1・(I)am

2・(You,We,They,These,Those,Taro and Hanako)are

3・(He,She,It,This,That,Taroなどの名前)is

主語の意味+be動詞の形をまとめると、このようになります。

主語とbe動詞対応表

例えば「私はタロウです」と言いたいとき。I am Taro.となり、I(私は)=Taroの関係が成立しています。

すなわちbe動詞は、A(主語)=Bの関係を示す英語になるのです。

be動詞で大切なこと

ここで大切なポイントは次の2つです。

1・be動詞は「A(主語)=Bです」と言いたいときに使う

2・be動詞は主語によって形が変わる

主語によって形が変わるので、最初覚えるのが大変かもしれませんが、

I + am

You + are

He + is

She + is

They + are

というように、セットで覚えていくのがおすすめです。

意識するポイントとしては、主語が複数(2人以上、2つ以上)のときはareを使うこと。それ以外は、主語とセットで覚えていくことが大切です。

be動詞の短縮形

ちなみに、be動詞は主語とセットで、短縮して使うことができます。

be動詞の短縮形一覧

短縮形を作る場合は、’(アポストロフィ)を使って作ります。be動詞の短縮形は通常のbe動詞とあわせて覚えておくことが大切です。

ちなみに学校のテストでは、この短縮形を覚えているかをチェックされます。

be動詞で英会話!

最後にbe動詞を使った英会話のフレーズをご紹介します。

先にご紹介したとおり、be動詞はA=B(AはBです)を説明する英語です。そこでbe動詞を使えば、

1・私は○○です。

2・彼は○○です。

など、自分のことや、誰かのことを、紹介する英語を話すことができます。

例えばこのような具合です。

I am Taro.(私=タロウ→私はタロウです)

I am 29 years old.(私=29歳→私は29歳です)

I am happy.(私=幸せ→私は幸せです)

このように、A=Bだけで簡単な紹介ができます。

単語をどんどん覚えていけば、主語+be動詞の後ろに単語を加えることで、英語で説明できることがたくさん増えます。

I’m ~.で覚える英会話の超基本例文

ストック!英単語

years old = 歳

happy = 幸せ

まとめ

以上、be動詞にやり直しになります。

ポイントは2つ。

1・be動詞はA(主語)= Bと言いたいときに使う

2・be動詞は主語によって形が変わる

自分は誰々、あの人は何々など、be動詞を覚えれば、かんたんに紹介することができます。英語のとても重要な部分なので、しっかり覚えておくことが大切です。

【第4回】一般動詞へ

あわせて読みたい

初心者向けおすすめ英会話教材まとめ10選

TOEIC300点台の方におすすめする英語学習の手順

英会話の始め方を初心者向けにかんたん解説!

<<超初心者のための中学英語やり直し講座に戻る

シェアする

フォローする