日常英会話を習得するために最低限必要な英文法は?

英語の文章と間違い直し

英語を話せるようになるためには、きちんと英文法を勉強することが大切だと知りました。具体的にはどれくらい英文法を勉強すればいいでしょうか?

日本人が英語を理解し、使いこなせるようになる。そのためのカギが英文法。

英会話のフレーズを丸暗記することで、限られた場面で英語を話すことはできます。

しかし、自然なレベルで英会話ができるようになるためには、英文法を勉強する必要があります。

A・ポイントは中学で習う英文法をマスターすること

英文法とはいわば英語のルール。ルールを学び、理解してこそ、英語を使いこなすことができます。

では、英語を話せるようになるためには、どのくらい英文法を学ぶ必要があるのでしょうか?

「基本的なコミュニケーションができればOK」

「海外旅行で英語を話したい!」

など、日常英会話を楽しみたい方、英語を話すための最低限の知識を覚えたい方は、中学レベルの英文法がマスターできれば十分です。

日常会話で難しい英語は必要ありません。基本はあくまでシンプル。

動詞や助動詞の使い方を理解できれば、基本的な会話表現はマスターできます。

can、may、will、5W1Hなど、よく使う表現をパターン学習で覚えていけば、自分のしたいことを英語で表現することができます。

また、英語が苦手な方や初心者の方の場合、難しい文法にこだわるよりも、シンプルな表現を覚えていく方が簡単です。

この意味で、中学の英文法はかなり費用対効果が高い内容です。

【疑問】なぜ日常英会話をマスターするために中学英語が重要なのか?

英会話のために英文法を学ぶときのコツ

「英語を話せるようになりたい、そのための最低限の英文法を覚えたい」

英会話のために英文法を勉強するコツは、使う場面を意識すること

例えば、I have ~. という文。

レストランでは、

I have a beer.

I have a coffee.

自己紹介するときは

I have a dog.

I have a daughter.

など、場面ごとに幅広く使うことができます。

中学英語の文法の場合、シンプルな表現が中心です。

学ぶことにムダがなく、初心者の方でも勉強しやすいのが中学で習う英文法。

1つ1つ覚えていけば、英会話に必要な表現を効率よく身につけることができます

「日常英会話を話せるようになりたい!」

という方は、まずは中学レベルの文法をおすすめします。

特に実用性の高いものは、覚えておきたい英会話例文集でまとめています。参考にどうぞ。

厳選!英会話初心者が覚えておきたい英語の例文集

最後に

以上、日常英会話を習得するために最低限勉強しておきたい英文法のラインをご紹介しました。

中学で勉強する英文法はシンプルですが、英会話を習得する上で、特に重要な部分になります。

この意味で、やり直しのコスパは一番高い部分と言うことができます。

「英語を話せるようになりたい。そのための最低限必要な英文法を勉強しておきたい」

そんなときはぜひ中学英語。

これだけは最低限、理解しておくことが大切です。

若葉マーク「英会話のために英文法をやり直したい!」というときに参考にしたい教材

あわせて読みたい

英会話の初心者です。どこから英語の学習を始めればよいですか?

どちらが大切!?英文法 VS 英会話【コミュニケーション】

英語が苦手な社会人が英会話を着実に身につけるコツ

<<英語&英会話のよくある質問に戻る

スポンサードリンク