社会人が無理なく英語を習得するには独学でいい?それとも

シェアする

失敗しないポイントです

仕事の事情で英語を勉強することになった。ビジネス英語やTOEICを頑張ろうと思う。独学でもいいのか?それとも何かサービスを利用したほうがいいか?

このページではこの疑問にアンサー。

仕事のためにビジネス英語やTOEICの勉強を始めたい社会人の方(現在TOEIC300~500)が、効率的に英語を習得するための方法についておすすめの方法をご紹介しています。

日中働きつつ仕事のために英語を学びたい方やTOEICのことを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

はじめに

無理なく英会話を勉強していく。最終的にはビジネス英語を使いこなすために最低限必要なレベル。具体的にはTOEICで730点を超えるレベルに到達する。

そのための方法として、

1・独学する。教材を用意して自分で勉強する。

2・英会話スクールのビジネスコースや英語パーソナルジムに通ってプロに教えてもらう。

主に2つの道があります。

それで「一体どちらが安心なのか?」という話ですが、あなたが完全な初心者で、実際に何をどうすればいいのか分からないという場合。そしてあなたが最短効率で結果を出したい場合。

確実なのは2。すなわち、お金を払ってプロに英語を教えてもらう、という選択が確実です。

なぜなら、社会人が仕事のために英語を学ぶ。それは趣味でも遊びでもなく、何らかのリターンを得たいからに他なりません。

英語を習得して仕事に役立てる。出世や転職の武器にする。そんな、現実的な理由があるはずだと推測します。

となれば英語を勉強することは自分への投資。そこにはリターンを求めて当然です。だからこそ、優先すべきは結果。結果を出すために、必要な投資をしていくという考え方です。

独学のメリットとデメリット

あなたが英語を学ぶことそれ自体に楽しむを感じ、マイペースに英語に取り組む場合、そこに必要以上の効率を求めることはナンセンスです。

あなたが学びたいと思うことを中心に教材を選び、それを日々コツコツ続けていくことで、英語を楽しみながら続けていくことは実際に可能です。

独学なら自分のペースで無理なく英語を続けていくことができます。「この教材は難しい」と思ったらかんたんなものに変えて、自分の興味関心を中心に、英語に取り組むことができます。

ただし、「3ヶ月以内にTOEICスコアを100点アップしたい」など目標が具体的かつ明確な場合や、一定期間内に英語力を伸ばさなければならない緊急性がある場合。

独学で取り組むことは向いていないかもしれません。なぜなら、短期間で目に見える結果を出すためには、それを実現するための最善の方法を理解した上で、効率的に英語に取り組む必要があるからです。

問題は「あなたの場合はどうなのか?」という話です。

あなたが趣味で英語を楽しんだり、今すぐ短期間で目に見える英語力アップしなければいけない緊急性が高い状況でない場合、あなた自身で様々な教材を使って独学することができます。

一方あなたが、今すぐ英語力を伸ばさなければならない何らかの緊急性がある場合。

あなたが英語力を伸ばすために知っておきたい課題を知り、それを短期間で効率的に解決する方法で取り組むことが大切です。なぜなら時間が限られているからです。

この意味で、英語のプロにお金を払って効果的な上達をサポートしてもらうことは、ビジネスパーソンにとって合理的な解決策です。

英語はビジネスパーソンのための自己投資!

ビジネス英語を習得したい人のニーズは着々と増えており、そのためのサービスがますます増えています。

具体的にはビジネス英語が話せるようになるサービスや、数ヶ月でTOEICスコアを200点アップさせるサービス。

英語に自己投資したい社会人の方をターゲットに、様々なサービスが登場しています。それらにお金を投資することで目標の英語力をゲット。リターンを得ている人が増えています。

この意味で、最も効率的にビジネス英語を習得したい。

そこで一番効果が期待できるのは、2の英会話スクールや英語パーソナルジムに通い、プロから英語を教えてもらうことです。

特に注目したいのが英語パーソナルジム。

一言で言えば結果にコミットするサービスで、短期間で目標の英語力を習得。それを、ビジネス+プライベート両方で役立てている人が増えています。

英会話スクールのビジネス英語コースも検討の価値がありますが、あなたが短期間で結果を出したい場合。英語を教えるプロにマンツーマンでサポートを受けたい。

この場合は、英語パーソナルジムの方が短期間で適切なリターンが期待できる可能性が高いと言えます。

TOEIC200点アップは当たり前?英語パーソナルジムに注目する5つの理由

独学で取り組む場合

繰り返しになりますが、独学にも良い面があります。あなたが今すぐ英語力を伸ばさなければいけない緊急性がない場合、独学でビジネス英語を身につけることもできます。

ただしこの場合、プロに教えてもらうよりも時間はかかることは想定しておいた方が良いでしょう。

そして、教材の準備等、全てあなた自身でする必要があります。「時間がかかってもいい。自分のペースで勉強を続けていきたい」という方は独学でも問題ありません。

ただし、何をどうやって勉強していけばいいのか分からない方が独学する場合、それ相応の時間がかかる可能性があります。

加えて、勉強のやり方進め方を間違える(非効率的な学習をする)と、努力してもなかなか結果が出ず、途中で挫折してしまうリスクがあります。

そのため、完全独学でビジネス英語を頑張るなら3年くらいのスパンを目処に、目標達成することを考えておいた方が安心です。

少なくとも、独学で「3ヶ月以内にTOEIC200点アップ!」など負担の大きい目標設定はやめておきましょう。

英語が苦手な社会人が英会話を着実に身につけるコツ

ポイントは緊急性があるかどうか

ビジネス英語を習得する。

この場合、独学でも上達はできます。なぜなら英語はスポーツ。努力を継続していくことで、ある水準までは上達できるからです。

ただ、英語が苦手な初心者の方がビジネス英語に挑戦するならやはり、正しいガイドの指導のもとで挑戦した方が、上達の効率はアップします。

具体的に何をどう勉強すればいいのか。教材から勉強法まで、しっかりサポートを受けて、英語力をアップさせていくことができます。

今英語が必要なビジネスパーソンのためのサービスが充実しています。考え方としては、今すぐビジネス英語を短期間で身につける必要性がないなら独学でも大丈夫です。

逆に、英語の勉強は短期集中で済ませて、早く結果を出したい方は独学ではなく、英語パーソナルジムなどプロの指導を受けられるサービスを選ぶ。

「英語力アップを時短する」と考えれば、それが最も効果的なリターンが期待できる選択となるでしょう。

ポイント

・独学→マイペースに勉強したい。自分で勉強するのが苦ではない。ゆっくり結果を出したい方におすすめ。

・英語パーソナルジムなどビジネスパーソン向けのサービス→短期集中で結果を出したい方におすすめ。英語を「自分の将来のための投資」として考える方は最短効率になります。

最後に

以上、初心者の方がどうすれば効率的にビジネス英語を習得できるか、その方法についてご紹介しました。

ビジネス英語は独学でもコツコツ勉強することができますが、大切なのはあなたがどれくらい英語を勉強する余裕があり、いつまでに目標の英語力を習得したいか。

そこを基準に、習得法を検討していくことが大切です。

お金をかけて短期間で頑張るか。それとも、独学で時間をかけて頑張るか。これが考え方のポイントになります。

仕事のためにビジネス英語を学びたい方やTOEICのことを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク効果実感を時短!英語パーソナルジムランキング

あわせて読みたい

ビジネス英語習得に役立つおすすめ英会話教材10選

英語パーソナルトレーニングは初心者でも大丈夫?

「英語の苦手意識」を克服するために今すぐできる3つのこと