「英語の勉強が面白くない。だから続かない・・・」そんなあなたにおすすめしたいこと

どうすればいいですか?

なかなか英語の勉強が続きません。はっきり言うと、英語を勉強していても楽しくありません。続けるのが面倒です。どうすればいいですか?

楽しいことは何時間でもやってしまう。でもつまらないことは10分でも嫌になってしまう。私たちの感情はとても正直です。

「つまらない?それなら今すぐやめてしまいましょう」という話で済むなら、人生はとてもシンプルですよね。

でもあなたはきっと、「つまらないけどなんとか続けたい」という思いを持っているのだと思います。そこでこの記事では、「面白くない」でも英語の勉強を続けるヒントをシェアします。

はじめに

まず最初にあなたにお伝えしたいのは、「つまらない」を悪いようにとらえる必要はない、ということです。

「楽しくなければいけない」というのは完全に思い込みで、「つまらない」ことでも、ある段階から突然、「面白くなってきた!」に変わる場合があるからです。

英語の勉強も同じで、今の時点であなたが「つまらない」と感じていても、それは全然OK。あなたが意識すべきことは、今英語を学ぶ楽しさを感じなくてもそれはそれで問題ない、ということです。

「面白くない」という感情に意識を向けるのではなく、「面白くなくてもいい」と感じる許可を自分に与えた上で、行動に意識を向けることが大切です。

個人的におすすめしたいこと

英語を勉強しても面白くない。そこでまずおすすめしたいのは、「1つの教材を最後までやりきる」ことを目標にすることです。

あなたが英語が楽しくないと感じる理由として、英語に対して感情的にネガティブなものを感じていたり、「昔英語で挫折してしまった」という経験があるからなのかもしれません。

それはケース・バイ・ケースなのでここでは割愛しますが、重要なポイントは、私たちの意識は行動によって変えることができる、ということです。

英語の勉強も同じで、「楽しくない」を「面白い!」に変えていくために必要なきっかけが、なにか一つのことを「やりきった」という体験です。

必要なのは「やった」体験!

たとえば、クリアするのが難しいゲームでも、ストレスを感じ、腹を立てながらプレイしていても、クリアできた瞬間に大きな達成感を感じることができます。そして「もう1度やってみよう!」という気持ちになります。

英語の勉強も同じです。「できた!」という経験をすることで、あなたの意識は驚くほど変わってしまうものです。

英語の勉強が面白くないならそれはOK。そのかわり、「この教材を最後までやる!」ということだけに意識を向けてみましょう。

教材は難しいものでなくて大丈夫です。エンタメ要素の強い優しいものや、「○ヶ月で終了できます」といった、カリキュラムによって期限が決まっている教材がおすすめです。

「面白くない」は変える事ができる。

1つの教材をまず、最後まで終える。それによって「英語がペラペラになる!」ということが起こることはないかもしれません。しかし不思議なことが起こります。それはあなたの意識の変化です。

教材を最後までやり終えた。その事実が、あなたのなにかを変えます。

「もしかしたら、英語の勉強は面白いかもしれない」

「やればできるかもしれない」

そう感じ始めた自分に気づくかもしれません。

大切なのは感情的な意識に目を向けるというより、あなたのアクションだけに意識を向けることが大切です。動いているうちに、意識それ自体が、変わり始めるからです。

だから今あなたが「英語の勉強が面白くない」と感じてもいいのです。そのかわり、あなたが「これならできそうだ」という教材を選び、それを最後まで終える。そのことだけに意識を向けてみてください。

最後に

私が大学生の頃、塾のアルバイトで勉強が苦手な中学生に英語を教えていました。彼らはアルファベットからつまずいていたので、学校の勉強についていけず、ストレスを感じていました。

それは当然の話です。英語の基礎からつまずいているのに、文法だとかそういうことを教えられても、わからないのは当然だし、つまらないのも当然だからです。

そこで、アルファベットの段階から丁寧に教えたのですが、彼らが「わかった!」と実感したときに見せる目の輝きを、今でも強く、覚えています。

私たちは、1つの体験から、何かを学び、自分自身を変化させていくことができます。シンプルに言えるのは、私たちの感情は変わる、ということです。だから「つまらない」「面白くない」でもいいのです。

そのかわり、1つ教材を選び、それを1日少しずつでもOKです。最後までやり終える。それだけに意識を向けてみてください。やり終えたとき、「次はこの教材をやってみよう」とあなたの意識が変わっていることに気づくでしょう。

ポイントは行動。それも、小さな行動。できることを無理なく、取り組むことが大切です。

追記

英語は基礎から着実にレベルアップしていくことが大切です。

ただ、あなたが英語に強い苦手意識を持っている場合、最初の課題としてあなたの意識を変えることが最も効果的な方法である場合があります。

英会話教材の中には、内容の習熟というより、英語への意識を変えることを目的とした優しさや楽しさ重視の教材は販売されています。

それは「英語力を伸ばす」という面であまり効果を期待することはできないかもしれませんが、あなたがそれをやり終えることによって、あなたの英語への意識が変わる可能性があります。

あなたが英語への苦手意識を持っていたり、過去に挫折経験を持っている場合、この教材があなたの意識を変えるきっかけになるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク 超初心者が英語を優しく学べる!「ネイティブイングリッシュ」とは?