【重要】英語嫌いが選んではいけない英会話教材とは?

それはおすすめできません

英会話ビギナーズWEBは、初心者の方のためのサイトです。英会話について、いろんなお悩みを抱えた方がアクセスしてくれています。

そのなかでもよくあるのが、

「英語が苦手。英語が嫌い。どんな英会話教材で勉強すればいいの?」

という質問です。

どんな英会話教材で勉強するかは、上達を左右するとても大切なポイント。

私も最初は英語がぜんぜんダメで、悩んだ経験があるので、どんな教材で勉強すれば苦手を克服できるか、そこを考えることは大切だと思います。

では、英語が嫌いor苦手な方や、これから勉強を始める初心者の方はどんな英会話教材を選べばいいのか?

それを明らかにするために、まず、「どんな英会話教材を選んではいけないのか?」という点からお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

こんな教材は挫折するかも?

英語は基本的にマラソンのようなものです。短期集中でガンガン頑張るというより、日々コツコツ、英語を続けていくことが大切です。

そこで大切なのは、何より途中で挫折しないということ。毎日、1日15分でも30分でも、毎日コツコツ続けていくことが大切です。

そのためには、

「こんなの分からない・・・」

「難しすぎる・・・」

というような、続けることがイヤになってしまいやすい英会話教材は、絶対に避けたいところです。

特に、英語が苦手な方や初心者の方の場合、「英語を聴くこと」それ自体が難しかったり、英文法にアレルギーを持っているケースが多いと思います。

私も英語が苦手だった中学生の頃、英語の音を聴くだけで頭がぼーっとしてきたり、先生の文法説明を聴くと、「意味わからない・・・」という感じでした。

なので、英会話教材でも、いきなり英語をガンガン聞かなきゃいけないタイプのものとか、やたら文法説明が細かい、知識の暗記がベースとなるような、テキスト重視の英会話教材は向いていません。

覚えることが多い→そもそも英語が苦手なのでたくさん暗記を求められるとストレスを感じる→更に英語が嫌になる→勉強することをやめてしまう→挫折する

という、悪循環にはまる可能性があります。

「文句を言わずともかく頑張ればいいんだ!」という精神論は基本的に効果がありません。無理なこと、強いストレスを感じることを強行するのはやめましょう。

安心なのはこういう教材!

では逆にどんな英会話教材がいいのか?

1.続けやすい

2.英語に親しみやすい(→苦手意識を変えることができる)

という意味で、「CDを聴くだけ」タイプの優しい英会話教材が安心です。文字通り基本はCDを再生して英語を聴くだけ。必要に応じてテキストを読むイメージの教材です。

一般的には、「聞き流しの英会話教材は意味がない」という考え方がありますが、それは一面で事実です。

英語はCDを聴くだけでペラペラにはなりませんし、中学卒業以上の英語力がある方があえて使う積極的な理由はありません。

ただし、英語への苦手意識が強い方や初心者の方にとっては話は別です。

英語が苦手で嫌い。全然分からない。そのような方の場合、英会話を頑張る「とっかかり」として、まず何より、英語に親しむ経験をすることが大事です。

どんなにかんたんな英語でもいいので、それを毎日聴いていきます。すると、英語を聴くことが当たり前になってきます。

それによって、少しずつですが、「英語が嫌いだ、苦手だ・・・」という意識が変わってきます。すると、英語の勉強をすることにストレスを感じにくくなります。

この点がとても大切なところです。

毎日CDを聴いていれば、かんたんな英語くらいは理解できるようになります。どんなかんたんなものでも、一度、「分かった!」という体験ができれば、自信がつきます。

自信がつけば、「新しいことを覚えよう」という気になります。そこで、だんだんと、英文法とか、新しいことに挑戦していけばいいと思います。

英語が嫌い、苦手なら、無理に難しいことに挑戦する必要はないと思います。かんたん&使いやすい教材でいいと思います。

大切なのは「誰が」使うか。英会話を始めるきっかけとしては、初心者用のCDを聴くだけタイプの優しい教材は、英語が嫌いな方には安心と言えます。

「できた!」体験が意識を変える

CDを聴くだけの教材というと、「聞き流し」であまり効果がないように思われますが、英語が苦手な初心者の方、英語嫌いな方にとっては、意識を変えるための効果的な教材と言えます。

もちろん、教材を使ってすぐにペラペラ、英語がグーンと上達することは期待できないかもしれません。その効果を過剰に期待することは避けたいところです。

一方で、教材をクリアすることで「私も続ければ英語ができるかもしれない」とやる気が出るかもしれません。

最近では、CDを聴くだけの英会話教材がたくさん発売されています。CDを聴いて英会話を覚えるもの、中学英語を復習できるもの、ゆっくり英語で優しく取り組めるもの。

英語が苦手な方、嫌いな方向け、いろんな教材が発売されています。

「英語が嫌い!苦手だけど克服したい!」

という方は、まずかんたんな教材からスタートして、ステップ・バイ・ステップ、ゆっくりコツコツ、英語に慣れていくことが大切です。

最後に

以上、「英語嫌いが選んではいけない英会話教材」というテーマで、教材選びについての考え方をご紹介しました。

独学でガンガン英語を勉強できる方や、一定以上の知識がある方にとって、わざわざ「聴くだけ」の英会話教材を購入して使う理由はありません。

ただ、英語が苦手で、勉強することにストレスを感じる方や、優しい内容が無理なく英語を始めたい初心者の方にとって、「聴くだけ」の英会話教材は「とっかかり」として効果が期待できます。

かんたんな教材で英語に親しみ、少しずつ意識を変えていく。このプロセスがとても大切で、一つの教材をクリアできたら、英語への意識もかなり変わります。その意義はここで強く強調してお伝えします。

英語に苦手意識をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

若葉マーク 初めての方でも安心。分かりやすく英語に取り組める優しい英会話教材まとめ

あわせて読みたい

英会話を始める前に確認しておきたい3つのポイント

<<英会話教材を探す前に戻る