ポイントは得するか損するか。英会話教材の費用対効果を考える

ネットで英会話教材を探す女性

以前、ネットで、

「英会話スクールで30万円必要です。高いのでしょうか?」

というようなお悩み記事を見つけました。

「30万円」という数字だけで見れば、スクールの受講費はかなり大きい金額のように感じます。

英語を話せるようになる。

そのためには、教材を購入したり、英会話スクールに通ったり、英語への自己投資が必要不可欠です。

そこでこのページでは、お金をムダにせず、効果的に英語を習得するためのお金について、考えていきます。

これから英語を話せるようになりたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

真っ先に考えるべきポイントは、「その費用で英語が上達が見込めるか?」ということ

まず、

「英会話スクールで30万円必要です。高いのでしょうか?」

という最初の質問に戻ります。

ここで1つ、真っ先に注目したいことがあります。それは、支払うお金に対する費用対効果です。

ビジネスの世界で使われている言葉ですが、意味はというと、

「支払うお金に対して、どのくらいの利益(メリット)が見込めるのか?」

という内容です。

例えば、あなたは高級ソファ販売のお店を持っています。そこで、

「もっとたくさんの人に買って欲しい!」

と思い、新聞に広告を出しました。

このとき、広告費として、1日100万円のお金がかかりました。そこで費用対効果の点から2つの結果を見てみましょう。

ケースA

売り上げ240万円→プラス140万円の利益(費用対効果が大きい)

ケースB

売り上げ50万円→マイナス50万円の損失(費用対効果が小さい)

この場合、販売のために支払ったお金が100万円。

なので、広告費として払った100万円以上の利益が出たAのケースは、かなり効果が大きかったことが分かります。

逆に、Bの場合支払ったお金に対し、利益はマイナス。これは、広告の効果がなかった(損をした)ことを意味します。

さて、ここで再び、

「英会話スクールで30万円必要です。高いのでしょうか?」

という質問について考えます。

この場合のポイントは、

「支払う30万円の元を取れるか(金額に見合う効果があるか)」

ということ。

つまり、30万円払うことで、

「英語が話せるようになる」

「英会話が身につくようになる」

のような効果の有無です。

本当にそのお金を払って、英会話ができるようになるのか(スクールが宣伝している通りの効果があるのか)、その判断が第一段階になります。

英会話への自己投資と値段の関係

次に確認するのが、「英語にいくらお金をかけることができるか」というポイントです。

もしあなたが30万円の受講費で「値段が高い!」と感じるなら、無理な出費は避けた方がよいでしょう。

遠回りになるかもしれませんが、お金をかけなくても、英語を学ぶことはできます。

逆に、「悪くない」と感じるなら、英会話スクールの受講を検討する価値があると思います。

この点が一番のポイントです。

支払うお金に関するラインは、あなたの目標や、個人の金銭感覚にもよります。

「何が何でも英語を話せるようになりたい!」

と考える場合、30万円を支払い、それによって自分が望む英語力が結果的に手に入ったなら、効果の高い買い物になります。

それに、英会話スクールに参加することで、英語を通じて新しい人間関係ができたり、思わぬ出会いが期待できる場合もあります。

そのような場合、30万円というお金が英語を身につけることや人生を充実させるための生き金になります

逆に、漠然と英会話ができるようになりたいと考えているくらいなら、

「30万円は高い→割りに合わない」

という判断になります。

そこで、自分がいくら英語にお金をかけれるかということを、しっかりと考えてみるとよいでしょう。

ちなみに、この考え方は英会話の教材を検討するときも使えます。

まず値段をチェックし、ユーザーの体験談で効果や評判を調べます。すると、いろんなことが分かります。

英会話教材で身につく効果を検討する

英会話教材は玉石混交。それが一番よく分かるのが、値段と価値の関係です。

必ずしも教材・スクールのお金が高額だからといって、全てがそれに見合う価値があるというわけではありません。

価格が安いのに、内容が素晴らしいもの、大いに効果がある教材もあります。

例えば、本。

わずか1,000円たらずの本が、一生を変えるきっかけになることもあります。

逆に、

「値段ばかり高いのにぜんぜん効果がない!」

というものも。必ずしも価格と価値が釣り合っているとは言えないものもあります

この点は、広告を鵜呑みにせず、慎重に口コミ・体験談などの情報を集め、決断することをおすすめします。

もしも無料サンプルがあるのなら、利用して判断するのもよいでしょう。

私の個人的な体験としては、広告にこちらを過剰に煽る表現がある教材・スクールはあまりおすすめできません

最後に、費用対効果の面で大切なのが、英会話教材にお金を使って、身に付けたい=得たいスキルを明確化することです。

私の場合、失敗例でご紹介している通り、一度資格取得の某大手通信コースを受講して、効果がないまま10万円以上のお金を支払った経験があります。

これは、自分が支払うお金と、身につけたいスキルがはっきりしないまま受講してしまったことが原因です。

つまり、お金を支払うことで、何を得たいのかがはっきりしていなかったわけです。

そこで、教材購入によってどの程度の英語力を身につけたいのかを検討します。こうすることで、無駄なお金を支払うリスクが減ります。

今のご時世、これはとても大切なことです。お金は絶対にムダにしたくないものです。

まとめると

英会話教材を購入する。

この場合大切なのは、自分がそれを購入することで、どのようなスキルを身につけたいのか。

それを事前に検討しておくことが大切です。

そして、英会話教材の販売価格を検討して、どのくらい英語にお金を投資できるかを考えておくことが大切です。

実際のところ、マジメに使えばその分だけ努力に応えてくれる。そんな良質な教材もあります。

それを使うことで効果的に英語力アップ。

納得して英語に費やしたお金は、きっとあなたの能力を高めるための生き金になります。

英語にお金をかけるのは立派な自己投資です。

英会話教材の購入を検討している方。英語ジムなどへの投資を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

あわせて読みたい

英会話教材選びに迷ったときは比較で決める

教育訓練給付制度を活用する

TOEIC300点アップは当たり前?話題の英語ジムを解説

<<英会話教材を探す前に戻る