英会話教材に100万円以上使った私が伝えたい英会話教材でお金をムダにしないコツ

マジでー?

「英語を話せるようになりたい」

「海外旅行に行って、ペラペラ英語が話せたらいいなぁ」

こんなときに購入を検討するのが英会話教材。

良い教材を使って、コツコツと勉強していけば、「頑張って良かった!」というときが来ます。

しかし英会話教材の良し悪しはピンきり。

やる気や目的意識を持たずに、購入すると、「やめとけば良かった・・・orz」と後悔してしまうことも。

私も今まで様々な英会話教材を購入。使用してきましたが、「失敗した・・・」という体験を何度もしました。

今の時代、お金は大切なもの。失敗はできる限り避けたいものです。

そこで、このページでは、「こんなケースでは失敗するかも」という1つの例として、私の失敗談を公開しています。

教材購入・講座受講を検討されている方の参考になれば幸いです。

費用は10万円以上。しかし得られたものは

英語にお金をかければいいという話ではない。大切なのは良い教材にお金を払うことです。

そのための例として、まず私のこの失敗談をシェアをします。

それは2009年3月、某有名通信教育の受講を開始(資格関連)したときのこと。

そのコースを受講内容は下記の内容で10万円以上のお金がかかりました。

・テキスト15冊

・添削指導

・メール相談

テキストに関しては、レベルは標準で、内容も豊富なのですが、いかんせん、内容が殺風景すぎます。

そのため退屈になり、途中で勉強がめんどくさくなってしまいました。

結果として、10万円のお金を使ったにも関わらず得られたものはほぼゼロ。

このときは3ヶ月は、「なんてバカなことをしたんだ・・・」と後悔しました。

それで、なぜ自分は失敗したのか、その理由を考えてみました。その理由は主に次の通りです。

失敗1・何となく受講した

一番の問題はモチベーションの低下。

受講当初の4月、5月はテキストを少しずつ読んでいましたが、6月くらいから完全に放置してしまいました。

実際、勉強の効果を出すためには、ある程度しっかり学習を続ける必要があります。

これはどんな教材を選んでも同じです。ところが、途中でやる気がなくなってしまってはどうしようもありません。

前項の目的をしっかり決めるで書いていますが、教材を購入する場合は、まずはっきりとした目標を決めることが大切です。

が、この通信コースは興味半分で受講をスタート。「絶対マスターしてやる!」というやる気がなく、資料請求して「何となく」受講開始。

計画性ゼロ、行き当たりばったりでした。この点がまず失敗だったと反省しています。

このことから、お伝えできることは「英会話教材の場合は、本気で勉強する気がある方以外、手を出さない方がよいかも」ということ。

そもそも英語の教材は高額なので、何となくスタートすると、私と同じく、途中で嫌になり、お金のムダになる可能性があります。

長く使えば効果のある教材もあるのに、途中でギブアップするのはもったいないですよね。

失敗2・添削指導は自分には合わなかった

次に受講費に含まれるサポートについてです。

私は自分でコツコツやるのが好きなタイプ。「○日までにレポート提出」というような添削指導が合いませんでした。この辺は個人の好みによります。

「しっかりとサポートを受けたい!」という方もいらっしゃるかもしれませんし、「最低限質問できればいい」という方もいます。

サポート付きの通信コースを受講する場合、あなたがどちらのタイプか、一度考えてみるとよいでしょう

英会話の教材にお金をかける意味

やっぱり、英語もそうですが、通信コースや教材購入は数万円(中には10万円以上)のお金がかかります。

「何となく購入したけど続かない・・・」

という失敗は正直お金のムダになります。

私の場合、先にご紹介した10万円以上の講座だけでなく、様々な英会話教材にお金を投資。

今では112万ほど使ってしまいましたが、そのおかげで今、その教訓をもとに、自分にはどんな教材がいいか、分かるようになりました。

その経験から特にお伝えしたいのは、

お金を払って英会話教材を購入する場合、

「なぜその教材を買う必要があるのか?」(=自分に向いているか)

「本当に英語ができるようになりたいのか?」(=目的の一致)

「一定期間努力を続けられるのか?」(=意欲の確認)

など、最初に考えるべきことを、しっかり考えておくことが大切です。

そこを間違えなければ、あなたは自分にピッタリの良い英会話教材と出会うことができます。

そして、それをきちんと使えば、投資したお金は必ず、生き金になります。

まとめると

英語を話せるようになりたい。

そのためには何より、その目的を実現してくれるツールが必要です。それが英会話教材です。

この意味で、お金を払って英会話教材を購入することは、英語が話せる自分になるための投資です。

ただ、投資には良い投資と悪い投資があります。

大切なのは使ったお金がきちんと自分のためになること。お金を払ったらその対価をきちんと、受け取ることが大切です。

そのために知っておきたいことを、私の失敗談を交えてご紹介させていただきました。

もしあなたが英語を話せるようになるために英会話教材の購入を検討しているなら、ぜひ参考にしてください。

若葉マーク 今、選ばれている英会話教材とは?人気ランキングをチェックする

あわせて読みたい

本格的に英語に挑戦したいなら英会話スクールのお試しレッスンがオススメ

教育訓練給付制度を活用する

サポート付き英会話教材の活用法

<<英会話教材を探す前に戻る