初心者が英会話教材を買う前に知っておきたい3つのこと

ここがポイントだよ!

「英語を頑張りたい!」

そこでまず必要になるのが英会話教材。

英会話特化、初心者向け、TOEIC用のもの、様々な教材が販売されていますが、英会話教材を買うためにはお金が必要です。

せっかくお金を払ったのに、英語の上達が期待できないもの、用途と違うものを購入しても、

「これ、どう使えばいいの?正直、失敗した・・・」

「自分には合わない。使っていて面白くない」

「難しくて分からない。続ける意味、あるの?」

と後悔してしまいます。

初心者がお金をムダにしないために必要なこと

そこで大切なのは、どの英会話教材を購入すれば失敗しないかという知識。

このページでは、初心者の方が英会話教材選びで失敗しないためのポイントをご紹介。

100万円近くお金を使った私の体験から、

「ここだけは絶対に注意しておいた方がいいですよ!」

というポイントを厳選してご紹介しています。

「英語を話せるようになりたい!」

「英会話教材はどれがおすすめなの?」

「どうやって選べばいいの?」

という方は、ぜひ参考にしてみてください。

はじめに、まずこの3点をチェック!

英会話教材を選ぶにあたり、まず最初に確認しておきたいことが3つのポイントあります。

・どの程度の英語力を身につけたいのか?(目的)

・足りない英語力はなにか?(弱点の強化)

・努力するつもりがあるか?(やる気)

英会話教材選びで失敗しないために大切なことはこの3点です。

以下、詳しく見ていきます。

1・どの程度の英語力を身につけたいのか?(目的)

目標が具体的であればあるほど、しっかりとした学習が可能です。

英会話教材を購入する場合も、

「その教材を買って勉強することで、どのような英語力を伸ばしたいのか?」

という点を押さえておく必要があります。

例えば、

・現在英検3級レベルだとして、1年以内に英検2級レベルになりたい。

TOEIC700点以上取りたい。

・海外旅行へ行って現地の人と日常会話ができるようになりたい。

などです。

日常英会話のレベルなら、中学校の教科書レベルをマスターすれば、それ以上の学習は必要ありません。

が、よりブラッシュアップされた英語能力を身につけたいのなら、更に上へ。

大学受験のセンター試験の英語で、200点中少なくとも150点以上取れる英語力が欲しいところ。

このように、自分がどの程度の英語力が必要なのか。ビジネスで使うのか。それとも趣味で使うのか。

学習のターゲットポイントを決めておくことが大切です。

2・足りない英語力はなにか?(弱点の強化)

英語力は、

リスニング

スピーキング

リーディング

ライティング

の4点から成り立っています(詳しくは、英会話習得のために – 英語はバランスよく勉強するを参照)。

私達日本人にとって、英語は習得するのが難しい外国語。

英語をモノにするために、読み書き話し聞く、幅広い視点で、英語に取り組んでいくことが大切です。

そこで、自分に欠けていると思えるスキルを英会話教材で練習。足りないところを補強していくことで、総合的な英語力の底上げが期待できます。

「長文読解は得意だけど、英語を聞き取るのが苦手だな・・・」

という場合はリスニング重視の教材を選ぶという具合、

「○○(文法や英語の聞き取りなど)が苦手だな・・・」

と感じたら、その分野の英会話教材で徹底的に学習。

強化したい英語力に応じて必要な英会話教材を選ぶのが効果的。

弱点を伸ばし、徹底的に強化することで、あなたの英語力が「グーン!」と伸びる可能性があります。

3・努力するつもりがあるか?(やる気)

英会話を身につけた人の中には、何年も学習し、努力して身につけた人がいます。

1日2時間程度の学習を、少なくとも週5日、1ヶ月で40時間ほど、年で500時間ほど英語学習を続けているレベルの人です。

こうした努力を、1年から2年、中には5年から10年続けて学習している人がいます。

何が言いたいかというと、

「○○という英会話教材を使えばすぐに英語ができるようになる!」

というような、おいしい話はないということです。

いくら良い英会話教材を購入しても、結局はどれくらい頑張れるかが大切。

あなたが英語の学習を続けてこそ、その教材が本来持っている良さが発揮されます。

つまり、大切なのは安易に教材に頼るのではなく、「学習を続けていく、絶対に英語力を伸ばす!」という努力が前提。

「楽して英語が身につくことは現実にはあり得ない」という当たり前のことを忘れないことだと思います。

私の経験からも、しっかりとした英語力を身につけるにはある程度時間がかかります。

私の場合、中学校から高校、大学の10年間英語を勉強して、ようやく日常英会話や海外旅行で使える英語力や、英字新聞を辞書なしで読むことができるようになりました。

私の大学時代の友人にTOEIC880点、TOEFL600点の人がいますが、彼の場合もそれなりにしっかり勉強をしています。

このように、英語学習はまずはそれなりに時間がかかります。英会話教材を購入して1週間や1ヶ月程度では、すぐに効果は現れないかもしれません。

よくあるケースが、英会話教材を買って1ヶ月ほど使ったけど、「効果がない!」といって諦めてしまうケースです。

すぐに結果を求めても、ある程度時間や努力が必要なことは知っておきましょう。

最後に

「英会話を身につけたい」

「英語を話せるようになりたい」

「仕事のために、ビジネス英会話に挑戦したい」

英語の勉強を始める動機は人それぞれ。

英語に挑戦する第一歩が、英会話教材を選ぶことですが、大切なのは選び方。

良い教材を選び、それを使って努力していけば、着実に「英語ができる自分」に近づくことができます。

大切なのは、今自分に必要な英会話教材を選び、やるべきことを、コツコツと続けていくことだと思います。

このページの情報が、あなたのお役に立てれば幸いです。

若葉マーク 「それで結局、どの英会話教材がいいの?」という初心者の方はこちら

あわせて読みたい

英会話教材はレベルにあわせて

英語の通信講座はこういう方に

体験談・口コミをチェックしよう

<<英会話教材を探す前に戻る