言葉を話せるようになる本当の理由。ユニバーサル文法説(普遍文法説)とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳内イメージ

ユニバーサル文法説(普遍文法説)とは、「人には言葉を身につける能力が生まれながらにして備わっている」という、言語習得における1つの仮説です。

提唱者は、言語学の世界的権威で、マサチューセッツ工科大学のチョムスキー教授。

ユニバーサル文法説の基本的な考え方は、「言葉には共通するルールがあって、文法知識は脳内にストックされている」というもの。

チョムスキー教授によると、人間には、もともと文法能力が備わっており、日本語や英語、独語などの言語環境にあわせて、その力を引き出す環境を調整すればよい(パラメーターの調整)ということになります。

例えば、日本人は、日本語の文法を学ばずとも、自然に日本語を理解することができます。アメリカ人は英文法を勉強しなくても、英語が理解できます。

これらは、「人が生まれながらにして言葉、文法を理解できる力がある」ことへの根拠になっています。

赤ちゃんが言葉を覚える過程から

赤ちゃんの研究によると、人が言葉を話すようになるまでには、なんらかのプロセスがあり、生後4ヶ月程度の赤ちゃんはLとRの聞き分け、発音の使い分けができると考えられています。

その後の生育の環境(日本人の家庭、アメリカ人の家庭など)によって、聞き分ける力は薄れたり伸びることが判明しています。

このことから、赤ちゃんは世界中のあらゆる言語を習得できる力を持っていることを示唆しています。

それはつまるところ、

「人には最初からどんな言葉を話す能力が備わっている。どんな環境も適応できる!」

という可能性の証。

人の可能性には、いろいろ不思議なことが多いですね。

言語習得の過程については、こちらの記事にて詳細をご紹介しています。

英会話上達のウソとホント

興味がある方は参考にどうぞ。

あわせて読みたい

言葉を覚えるにも限界が?臨界期とは

ヒトはどうやって言葉を覚える?

<<英語用語集に戻る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする