日本人が英語を使いこなせるようになるために必要なこと。インプットとは

勉強する女の子

インプットとは英語習得の用語で、文法や単語、リスニングなど知識を覚えるための学習を指します。

もとは「入力」という意味の言葉ですが、学習においては、知識を身につけることを意味します。

つまり、英語の知識を自分の身につける、頭に入力するのがインプットです。

学習において、次のことがインプットに当たります。

・英文法を学び、覚える。

・リスニングテープを聞く。

・単語を覚える。

学校で英語を勉強することも、インプットと言えます。

日本人の大半は、インプット学習から英語を学んでいます。これらの学習は、言語習得において欠かせない大切な過程になります。

インプットだけで英語が話せるようになる?

英語習得で有名なスティーブン・クラッシェン(Stephen. Krashen)という先生がいます。

クラッシェン博士が唱えた説に、インプット仮説という説があります。

博士の理論によると、英語習得は、インプットだけ(聞く、読む)で英語が話せるようになるという理論です。

次のような実例がインプット理論を支える基になっています。

ケース:アメリカのある家庭の例

1・子供がぜんぜん話さないことを心配した両親が、子供にたくさん話しかけるようにした。

2・話しかけを繰り返したところ、ある日子供が言葉を話すようになった。

3・ということは、言葉はインプットだけで身につくのではないか?

例から分かることは次の内容です。

・人が言葉を話すようになるためには、「沈黙の時期(話さない・話せない)」を経験する。

・ところが、聞くこと(インプットすること)で、ある日言葉が話せるようになる。

クラッシェン博士の説には、学者の間でも賛否があるのですが、現在英語習得において、インプットをすることは大きな効果があると考えられています。

つまり、英語の習得スピードと聞くことには関係があるという考え方です。

とはいえ、学者の中には、「インプットだけでは英語を話せるようにならない」という主張もあります(詳しくはアウトプットとはを参照)。

「聞くだけで誰もが英語を話せるようになるのか?」ということは賛否両論があり、詳しいこと、確実なことは分かっていません。

英語を話せるようになるために

ただひとつ言えるのは、私たち日本人にとって、英語をしっかりインプットしておかなければ、英語を話せるようにはならない、ということ。

英単語を覚える。文法を勉強して使いこなせるようになる。正しい発音を覚えて口に出せるようにする。

これらすべてインプットです。そして、日々、このようなインプットを繰り返していくことで、英語を自由に使えるようになっていきます。

この意味で、インプットなくして英語の上達なし。

「英会話を覚えて英語をスラスラ話せるようになりたい!」

というときはまずインプット。

必要なことをしっかり覚えて、コツコツ取り組んでいくことが大切です。

若葉マーク 初心者の方が必要な英語を分かりやすく覚えられる優しい英会話教材

あわせて読みたい

英語はこうやって身につく!英語習得の講演会に行ってきました

英会話学習の基本プロセス

<<英語用語集に戻る