英語の上達は「特効薬なし」を前提に。


パンジー

「英語を話せるようになりたい」
「海外旅行に行って、自分で英語を話して、現地の人と英会話を楽しみたい」
「仕事に生かすため、最低限の英会話は身につけたい」

英語を勉強するとなると、つい「頑張らなくちゃ!」と意気込んでしまいがちですが、特別難しいこと、ハードなことをやる必要はありません。

むしろ、誰にでも出来ること、今すぐ出来ることをやっていけばいいのです。

スポンサードリンク


英語の上達には何かの特効薬があるように思われがちですが、そんなものはありません。

当サイトで何度も繰り返しお伝えしているように、英語は継続がモノを言うスポーツのようなものです。

続けることが長い目で見て一番大切。

英語を続けるために必要なことが、いつでもできる、今すぐできるシンプルな方法を続けることです。

例えば音読。英語のテキストを、何度も繰り返し、声に出して読む。シンプルですが、英語の独学法としては、かなり効果が期待できる勉強法です。

他にも、

・英単語を1日5個覚える。
・1日10分、通勤電車の中で英会話教材のテープを聞く。
・1日50wordsのテキストを2回音読する。

など、今すぐ、負担にならないで、続ければ続けるほど効果が期待できることがたくさんあります

英語を続けていく上で大切なのは、難しくてしんどい、ハードなトレーニングではありません

毎日の限られた時間の中で、英語を飽きずに続けていくことが一番のトレーニングなのです。

英語に挫折する大きな原因の1つが、「やらなくなること」です。

・仕事の忙しさ。
・英語に慣れないうちに、オーバーワークを課してしまい、燃え尽きてしまう。
・単純に飽きた。

など、勉強をやめてしまう原因は様々です。

継続は力なりで書いたとおり、1つのことをやり続けること自体、骨が折れます。

最初は興味でワクワクしていたことが、飽きたり、めんどくさくなったりして、途中からどうでもよくなる。

実は、これがある種の「壁」なのですが、ここを乗り越えない限りには、3日坊主の域を超えられません。

富士山

ではどうするか?
今すぐできることを、習慣にするのです。

どんなに忙しい人でも、1日15分は、勉強時間を作れるはずです。そして、その限られた時間で、格段難しいことをする必要はないのです

ポイントは、「これなら自分でも出来そうだ!」ということを、コツコツと続けることです。

やればやるほど、続ければ続けるほど、その努力は、あなたの血肉となります。

例えば、1日3個、英単語を覚えるとします。

これを、10年続けたら、どうなると思いますか?
どれだけの語彙力がつくと思いますか?

難しいことは必要ありません。

どんな小さい行動でも、それを続けていれば、「時間」という心強い援軍によって、大きな結果に変わっていくのです。

Constant dripping wears away a stone.
(雨垂れ石をも穿つ。)

という言葉があるように、積み重ねの効果のすごさは、測り知れません。

ほんの小さな行動、小さな決断が、その後の人生の結果をガラリと変えていくのです。

まずは、今すぐできることから。

今できることを続けていると、やがて、「何か」が変わることを体験するかもしれません。

次のページ
自助の気持ちで英語に取り組む>>

若葉マーク「英語を頑張りたい!」と思ったらチェックしておきたい人気英会話教材まとめ

関連情報
英単語をコツコツ覚える

<<英会話の学習を成功させるための7箇条 一覧へ

スポンサードリンク