「継続は力なり」を信じる。

希望を胸に

Little and often fills the purse.

継続は力なり。

多くの人がこの諺の意味を知っていますが、「継続は力なり」の本当のパワーを知っている人は、1つのことをやり遂げた人だけです。

1つのことを続けること。言葉にすると、とても単純で、簡単に思えます。

ところが、何か1つのことを、飽きずに、諦めずに続けることは、とても難しいことなのです。

特に、英語・英会話の学習のように、勉強量が「今すぐ」結果に反映されにくいことなら、尚更難しいことかもしれません。

途中から勉強がめんどくさくなったり、単純に飽きてきたり、忙しくて英語に触れる時間がなくなったり。

人それぞれ、事情は色々あります。勉強がイヤになることもあるかもしれません。でも、これだけは確かです。

続けること。

このシンプルな行動が最大の結果を生みます

続けるからこそ上達を実感できる

上達の法則のとおり、愚直に英語に取り組んでいくこと、ある時期を境に、「グッ」と実力が伸びていきます。

例えばこんな感じです。

「今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようになった。」

「英文がスラスラ読めるようになった。」

「ネイティブとの英会話で、スッと英語が口から出てきた。」

英語の学習を続けていくと、こんな状態になります。

私の場合もそうでした

1日、1周間、1ヶ月。短期間の間英語を頑張っても、目に見える変化は現れないかもしれません。

でも、例え短い間でも、学んだことは、確実にあなたの血肉となっています。

勉強量が減っても大丈夫。サボる時期があっても大丈夫。でも、出来る範囲で、英語の学習を続けること。1つのことを、コツコツやり続けること。

5年、10年先、「やっててよかった!」と思える日が来ることでしょう。

次のページはこちら

ポイント2・マイペースに続ける

若葉マーク「英語が苦手だけど、英会話を覚えたい!」という思ったらチェックしたい初心者用教材まとめ

あわせて読みたい

投資としての英語学習

<<英会話の学習を成功させるための7箇条 一覧へ