英会話は楽しい。そのことに気がつけば、もっと英語の勉強が楽しくなる!

笑顔の女性

「勉強」というと、「人からやらされる、受身なもの」という印象があります。

私たち日本国民は、小学校から中学校まで、義務教育を受けます。

この9年間の学校教育では、最初から何の科目を勉強するかが決められていて、どう勉強をするかを先生から教えられます。

このためか、「勉強とはやらされるもの」というような受け身的なイメージが、心のどこかにあるのかもしれません。

何かを学ぶ意味

本当の勉強とは、「知りたい、出来るようになりたい」という、純粋な心の欲求から生まれます

「英語を話せるようになりたい!」

「○○のことを知りたい!」

など、今よりもっと成長したいという、ポジティブな気持ちがその源です。

その気持ちが刺激されると、自然と私たちは行動することができます。やらずにはいられなくなります。

勉強は本来、楽しく素晴らしいものです。誰かから強制されることではありません。

勉強して新しい知識を身につける。それによって、世の中を見る目が変わります。そして最後には、自分自身が変わります。

英語が話せるようになったきっかけ

私が初めて中学校で英語を習ったとき、正直英語が好きではありませんでした。成績も期待はずれだし、何が面白いのか、サッパリ分かりませんでした。

でも、あるきっかけで、英語とご縁のある人生を送ることになりました。それは、ほんの小さなきっかけでした。

最初は面白くないことが、一度の「できた!」という喜びを経験することで、続けずにはいられなくなります。

だからもしあなたが、これから英会話に挑戦するときはぜひ、「できた!」を経験するまで、英語の勉強を続けてみて下さい。

英単語や基本文をコツコツ暗記して、それを英会話で使えた。ネイティブと自然に英語で話せた!」

この瞬間は、「英語が楽しい!」と思えます。

そう、その気持ちこそが実は、英会話に取り組む上で、本当に大切なことなのです。

英語を勉強する上で目標を持つことは大切だけれど

「TOEICで○○点必要だ」

「英語が出来ると就職/転職に有利だ」

など、

何かの理由があって、英会話を始めるのも1つのきっかけでしょう。

ただ、それだけに囚われないで、学ぶことの楽しさや、「できない」が「できた!」に変わったときの喜びを、知ってほしいと思います。

全然出来なかったことが、あるとき出来るようになる。英語が全く話せなかったのに、ある日突然、自分の口から自然に英語が飛び出してくるようになる。

この瞬間は、本当に楽しく、素晴らしいものです。

この体験をしたとき、

「英会話を学ぶことは楽しいんだ!」

と実感します。

そんな、

「楽しい!」

と思う気持ちを知ることが、英会話上達の秘訣です。

英会話でつまずきそうになったときは

英語を続けていて、

「めんどくさい・・・」

「つまらない・・・」

「分からない・・・」

ということがあるかもしれません。

でも、その気持を少し我慢して、淡々と続けてみてください。そして、無理のない範囲で、少しづつ少しづつ、先へ進んでみてください。

たったそれだけのことで、変わる何かがあります。「おっ?」と思う瞬間が、いつかきっと、訪れます。

「分かった!」

を体験できることは、最高に幸せですよ。

若葉マーク 英会話初心者に支持されている人気教材まとめ

次のページはこちら

ポイント4・勉強を習慣にする>>

あわせて読みたい

英会話学習の基本プロセス

<<英会話の学習を成功させるための7箇条 一覧へ