ホーム > 入門講座 > 英会話を始める前に確認しておきたい3つのポイント

英会話を習得するために何をすればいいか?


ビジネスマン

「グローバル化」という言葉がマスコミで使われ始めてからというもの、日本では英語熱が高まっています。

各企業では、英語を出世の条件に加えたり、海外出張も当たり前のように行われるようになりました。

スポンサードリンク


私の高校時代からの友人である、会社員のM君の話です。

彼はネットワーク関連の技術屋です。今は中部地方の会社に勤務しています。

彼は高校時代から英語が苦手で、いつも「オレは技術さえ勉強すればいいから、英語なんて必要ないんだよ(笑)」といつも言っていました。

ところが・・・。

いつも行く馴染みの飲み屋でM君と話をしていたときのこと、東南アジアの某国(英語が使われているあの国です)へ出張が。

そのときは社長同伴で、通訳もいたので、幸いM君が英語を話す必要はなかったらしいのですが、彼は相当焦ったそうです。

「オレもちょっと、頑張らないとな・・・。社長も東南アジアで取引を増やしたいと言ってるし・・・。」

そんなことを言っていました。

それ以来、M君は英会話スクールに通うようになり、初心者用の英会話教材も自腹で購入。

毎日の通勤の車のなかで、英会話教材を聞いているそう。今は、年に2回、TOEICを受けているそうです。

TOEIC300点程度だったスコアが500点台に、今は700点以上を目標に英語を頑張っていると言っていました。

今、日本ではM君と同じような人が増えています。

「日本の会社に勤務する普通の会社員が、ある日突然英語の必要性を実感、勉強を始める・・・。」

このようなことが、起こっています。

社員全員に英語の勉強を義務付ける楽天やユニクロのような企業は一部だとしても、就職にしろ出世にしろ、「英語力」を条件にしている企業は増加の一途をたどっています。

このような状況のなか、

「英語を始めたい。でもどうすればいいか分からない。」
「会社から英語の勉強を勧められた。でも、英語が苦手だし・・・。」

このような悩みを抱えている方も、少なくありません。

闇雲に英語を始めようとしても、貴重な労力を浪費してしまい、あせりだけが募っていきます。

勉強する人

「英語が必要」と一口によっても、人によって状況は違います。

大切なのは、今あなたが必要としている英語の力を身につけることを明確化し、そのための行動を起こすことです。

そこで、英会話の学習を始める前に、次の3つのことを整理しておくことです。

1・何を目的に英語を勉強するのか?(ゴール)
2・その英語力を身につけるために必要な英会話教材は何か?(道具、ツール)
3・どうやって勉強したらいいか?(方法)

英語を勉強するにも、「時間」という大切な資源が必要です。

この資源は、増やすことはできず、有効に使うほかありません。私達にできるのは、時間を有効に使うことだけです。

そのために、何のために英会話を学び、何の道具を使って、どのように勉強するのか、この3つを整理しておくことが大切です。

当サイトでは、英会話の教材の情報から、勉強法の情報まで、英語に関する様々な情報を掲載しています。

独学で英会話を習得するために必要な教材、勉強法など、あなたの目的にあわせて、英語との付き合い方を見つけてみて下さい。

英会話ビギナーズWEBでは、「英語を話せるようになりたい!」という初心者の方向けの、様々なコンテンツを掲載しています。

勉強の始め方から教材選び、勉強の注意点など、英会話に取り組む上で知っておくと便利な情報を公開しています。

英会話を始める具体的な手順はこちらのフローチャートにまとめていますので、参考にご活用下さい。

英会話ビギナーズWEBの情報が、あなたのお役に立てば幸いです。

若葉マークこれから英語を始める方にオススメの英会話教材

このページも読まれています
日本人が英語を話せるようになるために必要なこと

<<英会話入門講座へ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます