ホーム > English 一息コラム > 日本人にとって一番の英語学習法は

英語を習得するために、まずこのポイントを押さえておく


考える美女

私達日本人にとって、英語は未知の言葉です。

文法、単語、音韻、あらゆる面で日本語と英語はかけ離れています。共通性もほとんどありません

「学校で何年もかけて英語を勉強したのに、全然話せるようにならない!」という意見がありますが、納得できる点もあります。

一体、どうすればペラペラ話せるようになるのでしょうか?

「語学は聞いて話すことが大切。子供が言葉を覚えるよう、音を聞いて自然に覚えよう。だから文法は勉強する必要はありません」という考え方があります。

確かに、子どもには驚異的な言語習得力がありますが、大人が子供と同じように言葉を身につけられるかというと、少し疑問に感じます。

もしも英語を聴くだけで話せるようになるとしたら、それこそ膨大な時間が必要になるでしょう。少なくとも1日最低8時間以上、文字通り英語漬けの生活をする必要があります

とはいえ、現実問題、1日中英語に取り組む物理的な時間をもつのは、学生以外不可能でしょう。そのため、勉強は他の方法を選ぶ必要があります。

スポンサードリンク


日本語を上手く取り入れる
英語を話せるようになるためには、ネイティブのように思考ができる「英語脳」を作ることが学習の最終目標になります。

とはいえ、いきなり「英語をそのまま理解しろ!」といわれても、現実問題なかなか難しいと思います。

そこで、最初のうちは、

・英単語を日本語で覚える
・和訳で英文の意味を確認する

など、私達の母語である日本語を学習に使うことになります。

日本人にとって、一番身近な言葉は日本語です。英語を学習するときに、日本語を上手く取り入れることで、効率よく学習が進んでいきます。

初心者の方には、英語を意味のかたまりごとに和訳する方法がおすすめです。これは、英文をひと塊ごとに区切って、和訳していく方法です。

例えば、次のような英文を和訳していくとします。
I have a friend who lives in America.

このときに、

I have a friend → 私には友達がいます
who lives in America → アメリカに住んでいる

というように、英文をかたまり(センスグループ)で区切って理解していくのです。

日本語としては少しおかしな感じになりますが、アバウトですが何となく意味を理解することができます。これが英語本来の考え方です。

必要なら、

I have → 私はいます
a friend → 友達が

という具合に、もっと細かく区切ってもかまいません。大切なのは、英語本来の語順で意味を理解することです。

これを続けることで、日本語を取り入れつつ、英語をそのまま理解できる脳力(能力)を育成していくことができるでしょう。

ここでの注意点は、返り読みをしないことです。正しい和訳にこだわる必要はありません。

日本語は英語を理解するためのイメージとして、最小限に使います。語順ごとに、英文を区切り、日本語で理解します。

このように、英語の学習に日本語を上手く取り入れることによって、効果的に学習をすることができます(英会話にも役に立つと思います)。

普段の学習で、日本語で内容を理解し、英語本来の考え方を意識することで、徐々にネイティブライクな英脳思考が育っていきます。

英会話教材の中にも、30日間英語脳育成プログラムのように、日本語を上手く英語学習に取り入れた教材もあるので、そういった教材を利用してみるのもいいかもしれません。

生活スタイルにあわせて
次に大切なのが、ムリのない学習計画です。

日本人は忙しい方が多いので、日常生活に負担がかからない、適切な方法で、英語に取り組む環境を作る必要があります。ポイントは次の2つです。

・継続して取り組めること
・毎日英語に触れること

上達は量と質で決定します。意識を集中させて、質の高い学習をし、そして毎日取り組むのが理想的です。

そこで、自分のライフスタイルにあわせた、続けやすい方法を考えておきます。

私の場合、大学を卒業して、仕事を持ってから忙しくなり、家で勉強するのが億劫になりました。最近はもっぱらCDで英語の学習をしています。

毎日1時間ほど、ウォーキングをしているのですが、このときにポータブルCDプレイヤーで歩きながら英語をリスニングをしています。

歩きながら音に意識を集中させていると、フレーズが覚えやすく効果的です。

学習と同時にストレスの解消ができるので、私にはこの方法があっているかなと思います。

上達する方法はいろいろあると思いますが、やはり大切なのは、続けること&自分の生活スタイルに合う学習法を選ぶことだと思います。

眠たいのに机に向かっていても、ほとんど学習の効果は期待できないでしょう

。それよりも、1日15分でも、集中して取り組む方が、より高い効果が期待できます。

若葉マークこの教材で英会話を初歩の初歩から!

関連情報
英会話習得の基本パターン
英語を耳に慣らすこと
英会話の初級レベルでは日本語を上手に取り入れる

<<English 一息コラムへ

スポンサードリンク