ホーム > 英会話教材の購入を検討する前に > 対象レベル(難易度)を確認する

レベル(難易度)にあわせて - 英会話教材は自分が理解できそうなものを選ぶ


勉強する女性

どんな教材で勉強するかは、英会話上達のための重要ポイント。

一般的に、販売されている英会話教材は、購入者のレベル(難易度)が想定され、カリキュラムが設定されています。

そのため、英語初心者向けの教材の場合、上級者にはほとんど役に立たない内容であったり、逆もまたしかりです。

そこで、上手に教材を使いこなすためには、あなた自身の学習レベルにあわせた教材を購入することが大切になってきます。

このページでは、知っておきたいポイントをまとめています。英会話教材購入の前の参考にご活用下さい。

スポンサードリンク


具体的なレベルをチェックする
教材選びにあたって大切なのは、今の自分の現在地を確認することです。自分が今どのくらいの力があるのか、客観的な英語レベルをチェックします。

一番結果がハッキリしやすいのは、英検TOEICなどのテストですが、実際にテストを受ける必要はありません。

市販のTOEIC対策等の書籍で十分です。アマゾンで販売されているTOEICテスト新公式問題集等を購入して、自分で解いてみます。

答えあわせをして点数が出たら、大体自分の客観的なラインが分かると思います。

このとき、リーディングやリスニングなど、セクションごとに点数をチェックしておくことで、より詳細に実力を把握できます。

苦手分野をはっきりさせる
さて、具体的な実力が判定できたら、次にすることは苦手分野のチェックです。

先の分野ごとの点数をみて、リーディング、リスニングなどの点数にばらつきはないでしょうか?

例えば、リーディングの点数は高いけど、リスニングの点数が低いなどです。

もしも明らかに点数が低いセクションがあるなら、苦手分野の教材を買う場合、少しやさしい教材を選びことをおすすめします。

また、得意な分野の教材は、少しレベルが高いものを選ぶことで、あなたの長所を伸ばし、短所を補うことができます。

ちょっとだけ背伸びするくらい+自分が理解できるもの
教材選びの鉄則ですが、購入の際は必ず、自分がある程度理解できるものを選びます。

いくら、他の人が「よい!」と言っていても、勉強するあなたが理解できる内容でなかれば学習を続けることができません。

基本的に、効果的に教材を使うためには、何度も繰り返し繰り返し、復習の勉強が大切になります。

このためには、自分が理解できるものでなければ、途中で嫌になります。

目安としては、少なくとも70%くらいは理解できそうな英会話教材を選びます。

なぜ70%以上かというと、それには理由があります。成長のためには、ほんの少しの背伸びが必要だからです。

そこで、次に大切なポイントが、すこしだけむずかしいレベルの内容が含まれている英会話教材を選ぶことです。

自分と同じレベルのもの(簡単にサクサク解けるもの)はあまりステップアップにはつながりません。

むしろ、少なくとも内容の70%くらい理解できる教材の方が、途中で嫌にならずに続けることができます。

私の経験では、

・理解できる部分が20%〜30%の教材
→途中で嫌になって放置→ほこりをかぶる

・70%くらい理解できるもの
→「ちょっと頑張ればできそう!」という気持ちになる

という具合になっています。

無理をせず、「ちょっと努力してみよう!」と思える内容の教材を使うことで、自然にレベルアップできると思います。

まとめると、

理想の教材
自分が理解できることが全体の70%+難しい内容が30%

になります。

当サイトでは掲載中の教材を受講難易度別にまとめています。よかったら参考にして下さい。

関連記事
英語の通信講座について
内容、難易度などのQ&A
実力が伸びるテキストの選び方

<<英会話教材を探す前に戻る

スポンサードリンク