英語の実力が伸びるテキストの選び方

おすすめ情報

市販されている教材の質は玉石混交。

このページでは、質のよい英語の学習テキストの選び方をご紹介。

「英語を頑張りたい!実力がグングン伸びるのはどれ?」

という方は、参考にしてみてください。

ポイントは次の3つ

英語のテキストを探すときに大切なのは、実力アップにつながる教材を選ぶことです。

お金はもちろん、勉強する時間を投資するわけですから、きちんとしたリターンが期待できる内容を選ぶことが大切です。

私が意識している、「ここだけは外せない!」というポイントは次の3つです。

1・解説が分かりやすい

2・英文と和訳、見開き式(語順訳があればなおよし)

3・CD付き

英語や英会話の教材を探すときは、この3つをメインに検討しています。

解説の分かりやすさ

独学の場合、一人で学習に取り組むので、テキストの分かりやすさは外せません。解説を読んで理解できないことを覚えるのは難しいものです。

通信講座のようにサポートに質問できる環境があるなら別ですが、一人で勉強するときは、自分が納得できるくらい、分かりやすいテキストがベターです。

サポート付き英会話教材を効果的に活用する方法

長文読解用の英文は対訳式がベター

左に英文、右に和訳(もしくは上に英文、下に和訳)のような、一目で英語の訳が確認できる内容が便利です。

英文と日本語の訳が別々のページだと、分からない英語を確認するためにわざわざページをめくる必要があります。

これはやっているとストレスになりますし、効率の上でも問題です。長文のテキストは、見開きタイプの方がサクサク進みます。

英語上達のためには、英文を読むという学習が必要不可欠です。なので、テキストは和訳と英文が見開きで構成されている内容が使いやすく便利です。

特に、和訳はAYAのリアルトークリスニングや、増進会出版社の「速読速聴・英単語」シリーズのように、

・和訳が英文と同じページに掲載されているタイプ

・かつ英語がセンスグループごと(意味のかたまりごと)に区切られているテキスト

が便利。

【AYAのリアルトークリスニング】

Well,you know what, あのさ / I notice that ぼくは気がついた / right here in Japan
ここ日本で / there are an awful lot of signs and advertisements 標識や広告がひどくたくさんある / with misspellings. ミススペルのある

【速読速聴・英単語の和訳】

The ambitious program, / which would cover / able-bodied ~

この意欲的なプログラムは / 対象としている / 丈夫な体の

どちらも、英文の意味を確認したいときに、すぐに確認できる上、返り読みの弊害なく英語を語順のまま理解できるように工夫されています。

忘れてはいけない英語の返り読みのデメリット&矯正法

この英語を頭から訳していく和訳方法、最初は違和感を感じるかもしれませんが、長期的には英語脳育成に役立ちます。

英語脳が身につけば自由自在に英語を使いこなすことができる

CD付きのテキスト

英語は読んで単語を覚えるほか、ヒアリングや音読など、五感をフルに活用することが大切です。そのために、耳で英語を学べるCDは絶対に外せません。

CDとテキストを使うリスニングの学習や発音&アクセントの上達、様々なアプローチで英語を学ぶことができます。

CDを使うことで、耳学習やシャドウイングもできますので、英会話の学習にも効果的です。

シャドウイングで英語のスピーキング力アップ

英語を読むだけでなく、CDを使うことで、

・英文を読んで単語を覚える

→基本的な語彙力や文法力、読解力が身につく

・CDで英語を聞く

→リスニング力のアップ

→正しい発音やアクセント、イントネーションが身につく

・自分で音読してみる

→英会話のキホンや英語を話す力が身につく

など、いろんな学習をすることができます。

内容が覚わりやすく、効果的に英語を学ぶことができます。

最後に

以上が英語&英会話教材選びにおけるテキストの選び方のポイントになります。

どんな教材で勉強するかは、習得の効率、続け易さを左右する大切なポイント。

効果的に英語を学べるよう、テキストは良いものを選びたいもの。英語&英会話教材選びの参考にしてみてください。

若葉マークどれが人気?英会話教材おすすめランキングをチェックする

あわせて読みたい

英会話教材の体験談

レベルにあわせて

テキストを使い倒す

<<英会話教材を探す前に戻る