What do you want? – 英会話 1日1フレーズ【No.172】

これでも喰らえ!

【シチュエーション】

リーアム・ニーソン主演映画『96時間/リベンジ』(Taken2)より。

ムラドに捕まったブライアン。ムラドがブライアンに1枚1枚写真を見せるシーンより引用。

Murad:Do you know him? This one?

この男を知ってるか?この男は?

Bryan:No.

知らない。

Murad:This one?

この男は?

Bryan:What do you want?

何が望みだ。

Murad:You recognize none of them. To you, they were nothing. But to other people, they are sons and grandsons. You killed them all.

お前は誰一人覚えていない。お前にとって彼らは何の価値もないのだろう。だが彼らは皆誰かの息子であり孫なのだ。お前が皆殺しにしたんだ。

このフレーズに注目!

What do you want?

何が望みだ?

相手の要求を聞く英語。「私にどうして欲しい?」と聞きたいときは、What do you want me to do?が使えます。

映画『96時間/リベンジ』について

フランス映画の大御所、リュック・ベッソンが脚本を担当している復讐映画の続編がこちら。

『1』では、娘を犯罪者にさらわれたリアム・ニーソンが、悪い奴らを容赦なく倒していくハードアクション映画でしたが、『2』では逆転。

『1』で仲間を殺された犯罪者たちがリアム・ニーソンに復讐を計画。それで一時は捕まってしまいますが・・・。

話が良い悪いは別として、ともかくスッキリ爽快になります。つまり悪は最後には滅びる。そういう映画です。

このページの英語表現

recognize = 認知する、認識する

このフレーズもどうぞ

Let me be more specific.

もっと具体的に説明します。

<<No.171へ英会話 1日1フレーズ【No.151~200】へNo.173へ>>

若葉マーク 初心者の方も安心。ゼロから始める優しい英会話教材まとめ